スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー鎧武 第12話「新世代ライダー登場!」

自分の安全か、世間の安全か。

難しい問題です。答えはたぶん無い。


とても分かり易い、ここまでのあらすじ、からスタート。空間の裂け目はクラック、森の名はヘルヘイム、といった用語説明からユグドラシルがインベスゲームという形でロックシードひいてはドライバーを齎したことなど基本的設定を纏める。よくよく考えるとどれも本当に基本的に過ぎることばかりで、やはり前回までの内容は最初の二回ぐらいでやることを無理矢理引き伸ばしただけではないのかと言う気持ちがより一層強まる。

さておき。そういった情報を全て明らかにすれば良いのではないかという紘汰に対し、光実はあくまで秘すべきだとする。自分たちはユグドラシルに見張られている以上向こうが口封じのために、最悪周囲の人に手を出したら、などと色々理由をつけてはいるが、つまるところは自分の保身である。ユグドラシルというか兄に対しては自分がビートライダーズの一員だとばれたくなく、ビートライダーズに対しては自分がユグドラシル関係者だとばれたくない。そこで話を無理矢理小さく収めようとする姑息な手段である。考えてみれば光実のこのような立場は実際面白い。敵組織(少なくとも紘汰はそう思っている)に生まれを持ちつつ、そこに属さず孤独に生きるなんて、まるで物語の主人公のようだ。

光実の持つ事情は知らずとも紘汰としては光実の言う対策、変身しない、ドライバーを捨てるなどは納得し難かった。現実問題としてクラックを通って現れたインベスによる一般人への被害がある以上、それを見過ごせない。ドライバーを使うのはユグドラシルのモルモットとなることで危険なのかもしれないが、インベスを放っておけば危険なのも確か。実に分かり易い板挟みである。このような問題に一般的答えはない。紘汰は自分の身よりも一般人を守る方を選んだが、光実の言うことにも理はある。

ただ、そういうのは一般的ケースでの話である。そもそも、この場合は本当に板挟みなのか即ちユグドラシルの陰謀なんてものが本当にあるかどうかが疑わしいのだが。ユグドラシルが何か良からぬ事件を企んでいてクラックの周りで暗躍するのはそれに繋がる証拠を消すため、というのは光実が勝手に言ってるだけで今のところ確証は一切無い。今回の最初の方で量産型黒影が現れたときにしても、インベスを叩くよりクラック周りの証拠隠滅を優先したというが、現実問題としてその時点では既に周辺にインベスは居なかった。そんな謗りを受ける謂れは無い。ユグドラシルの研究者の言葉からしてもドライバーには何らかのリスクがあると考えられるが今のところそれが何なのかは分からないし。


サブタイの新世代ライダーはたぶん量産型黒影のことだと思う。大量に出てきたが怪人相手に戦うでもなく、最後で呉島兄の強化形態の練習相手にされるという見事なザコ扱いがいかんともしがたい。正直、これでは普通の悪の組織の戦闘員と変わらないではないか。

もともとの黒影は以前の森でドライバーを壊されて変身出来なくなっており、あっけなくバロンに敗れ、色々終わった扱いに。こっちもこっちでひどいな。別に哀れとは思わないけど。むしろ思いっきり偶然の産物なのに、体よく利用して追い落としてやった、みたいな顔をしているグリドンの人が中々面白い。そのままブラーボを利用しようとして逆に振り回される、て当然だろ。

強化にゲネシスドライバーなるものを使った呉島兄はその出来栄えに満足、ここまでデータを取るのに使ったモルモットはもう用済みだとおっしゃる。遊びの時間は終わりで、現実に向き合ってもらう、とか何とかいかにも悪役が言いそうなノリで言ってるけれど相変わらずハッキリしたことは言わない。始末する(殺す)のような明らかに悪役の台詞ではないのですよ。死は誰にも訪れる絶対的現実だがそういう流れでもないだろ。というわけで、これは彼らを怪しく見せるミスリードだと私は考えるね。


他には、かつての沢芽には鎮守の森とかご神木とか神社とかがあって、その舞は神社の娘だったと明かされたこと。ご神木と聞いて一瞬劇場版を思い出したが、関係無いだろうな。あれ、歴史からして全く別物の異世界だから。ユグドラシルなんてそのものずばりなネーミングなのにご神木があったところは全く使われていないのは何故なのだろうか。舞の経歴は町を変えたユグドラシルへの敵意という以前言ったことと合わせても納得。鎮守の森は、森というだけでさすがにヘルヘイムの森とは関係無いだろな。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の仮面ライダー鎧武 第12話

「新世代ライダー登場!」 紘汰とミッチはヘルヘイムの森で分かった事を整理します。 ユグドラシルがライダーの事達をモルモットと呼んでいて、ユグドラシルのデータ収集に利用されていたという事で、ミッチはこれ以上ユグドラシルに利用されないように変身を控えるように言いだします。 そんな所に、チーム鎧武という事でサインをねだる女子高生がやってきますが、サインを断って行こうとすると、イン...

仮面ライダー鎧武  第12話「新世代ライダー登場!」

仮面ライダー鎧武/ガイム 第一巻 [DVD](2014/02/21)佐野岳、小林豊 他商品詳細を見る  冒頭における説明で、ゲーム設定などの整理ができました。正月明けですので、けっこう忘れていたモノも多かったです。インベスゲームを流行らせて、アーマードライダーを流布しやすい環境を整える。少年たちを実験台として、ライダーシステムを進化させていく。量産型ライダーもできて、斬月もパワーアップしま...

仮面ライダー鎧武 第12話 「新世代ライダー登場!」

仮面ライダー鎧武第12話「新世代ライダー登場!」脚本 虚淵 玄 (ニトロプラス) 監督 石田 秀範紘汰、思い悩むも行動する道を選ぶ衝撃の第二部スタートで物語は動き出すで ...

仮面ライダー鎧武 第12話

仮面ライダー鎧武 第12話 「新世代ライダー登場!」。ああ,松ぼっくりさんが量産されてしまった・・・ 続きは読みたい方だけどうぞ。

仮面ライダー鎧武 第12話「新世代ライダー登場!」

第12話「新世代ライダー登場!」 アバンでこれまでに入手した情報をサックリおさらい。 インベスゲーム、戦極ドライバーを使った変身&戦闘もすべてユグドラシルの仕組んだ事。 自分たちがる要されていた事に気付いたミッチは紘汰に迂闊に変身するなと助言。 パーカーを見て鎧武のファンなんですぅぅぅ(ミャハ☆)と近づいてくる女の子たち。 ファンの割にはメンバーの顔も覚えてな...

仮面ライダー鎧武 第12話「新世代ライダー登場!」

仮面ライダー鎧武 第12話「新世代ライダー登場!」

仮面ライダー鎧武 #12.

「新世代ライダー登場!」 基本、今までのお浚いやってくださいました。専門用語が使

仮面ライダー鎧武 第12話「新世代ライダー登場!」

森の名前はヘルヘイム、空間の裂け目はクラック…と新年も明けたので前回までの概略を解説してくれる。 インベスゲームもライダーバトルも全てはユグドラシルがロックシードの力を研究するための実験だったと知った紘太と光実。 手のひらで踊らされているのも癪だとやり返す策を考える中、ベルトを使わなければいいのだと光実。 しかしインベスさんは勝手に現れては町の人を襲い、ユグドラシルもインベスさんは片づ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。