スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイト/アポクリファ 第3巻「聖人の凱旋」

新しい舞台の幕開け。

状況が色々リセットされた感のある一冊。結末は未だ見えず。


巻頭は黒のサーヴァントのステータス。どいつもこいつも面白要素があるがとりあえず言いたいことは、ヴラド三世そんなにずば抜けてなかったな。いや、確かに幸運以外のあらゆる要素が一、二を争う値で固まっているが、同じようなことはセイバー/ジークフリート、アーチャー/ケイローンにも言えるんだよな。神話の住人でも何でもないただの人ってのは凄いけど当然のことながらそんな背景は一切知らないわけで。これでどうして、このずば抜けて高い奴がヴラド三世、と思ったんだろう。

そして、間違いなく今回最大のつっこみどころ、ライダーのアストルフォ。他の奴が二ページの中宝具が多すぎて四ページになる。至るところに落書きがある。何故か性別が隠されている。とにかくおかしいところだらけ。真面目におかしいのはケイローン。なんだよ、「英雄独自のものを除く、ほぼ全てのスキルにB~Aランク」って。色んな英雄を育てたギリシャの大賢者をキャッチフレーズに何でありの便利やと化していたのはそれが理由か。いや、全然納得できないけど。


本編は、ごく最初の方でいきなりあった、ライダーのマスター・セレニケの意外すぎる最後及びそこからのジークがアストルフォと契約、の流れが本当に意外で面白かった。令呪を手に入れたから契約できるってそんな無茶苦茶な。しかし、そこがピークで以降は今一つ。聖杯大戦が、天草四郎を中心とした元“赤”の殆ど対ジャンヌ、ジーク、モードレッドを加えたユグドミレニアの生き残り、という構図に変わった。その新展開の下準備といった感じがひたすらだらだら続き、全体として地味である。

意表をつかれたこと、面白かったこととしては、先ず、ジャック・ザ・リッパーが余裕で生き延びたこと。スキルや宝具には確かに凄いところがあるが単純なスペックは低く、ストーリーの要点とはあまり関係無く殺人を繰り返すだけという行動から、ぞんざいに倒されると思ってたらとうとうこの一冊を生き延びた。それどころか、主人公たるジークと因縁が出来て一気に中ボスっぽさを得た。ジャック自身もマスターも聖杯戦争のことをある程度分かって、狡猾にことを進めてる部分があり、弱いどころかむしろ油断ならない強敵といった風である。

あと、ロード・エルメロイⅡ世関連。あの人はこの世界でもイスカンダルを召喚し、聖杯戦争を戦ってた。それは良い。そうでなければ、エルメロイⅡ世にはならないだろうし。どんなパラレルワールドでも大抵そうなってる辺り、どんだけよく起こる展開なんだよ、とは思うけど。いい加減ケイネスが哀れになってきた。ただ、今まではあくまで裏設定でしかなかったアーチボルト家のあれこれが実際に作品になった。これは予想外。それ、使って良いネタなのか。

以下、面白みに欠けたところ。キャスター/アヴィケブロンがマスターをゴーレムの炉心に使うのはそこまでが怪し過ぎて別に意外でもなかった。そうして出てきた王冠:叡智の光(ゴーレム・ケテルマルクト)も能力こそは凄そうに見えたが説明されたところでオチは読めた。ラスト2ページも衝撃のヒキを狙ってるんだろうが、そこまでが怪し過ぎて別に衝撃的ではなかった。衝撃のヒキ、という事では前回が圧倒的だった。


さておき。物語の構成として第二幕の始まりといった風だが、文字通り物理的意味で新しい舞台を作る能力もこの作品にはやけに多い気がする。空飛ぶ城を作る“赤”のアサシン/セミラミス、周りを自らの領土としパワーアップするヴラド三世、周囲を特殊な霧で包むジャック・ザ・リッパー、そして周囲を楽園へと変えていくアヴィケブロンの王冠:叡智の光が作った原初の人間(アダム)。ヴラド三世が色々哀れな死に方をして、アヴィケブロンもあっけなく退場したが、厄介なものが二つ残ってる。おあつらえ向きに両方敵だし、固有結界さえ潰す可能性があるアストルフォの本に期待が掛かる。はたしてアストルフォが真名を思い出すことはあるのか。


ジークには意図的に衛宮士郎とかぶる要素を多く付けられている気がするが、寿命を削る、後数回しか使えない必殺技というのはいかに何でも狙いすぎだと思う。最後は大聖杯の前で神父と殴り合い、とか言わないよな、さすがに。


どうにも途中、繋ぎ、という印象が強い一冊だった。文庫版『Zero』一冊より、話が進んでいないのではないかという気さえする(暴言)。全四巻の筈だがこの調子で次回終わるのか。まぁ、要らなさそうな人物も減ってきたし次回に期待ですかね。はたして天草四郎の人類救済とは、それ以前に空中庭園へと入る策とは、また、ジャック・ザ・リッパーはどうやって倒すのか。いささか露骨なネタだが悪くはない。楽しみにしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。