スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のご挨拶in2014

明けましておめでとうございます。

今年もよろしく。


とりあえず挨拶してみたけれど後が続かない。新年の抱負なんか特に無いし。そもそもいつ終わってもおかしくないブログだ。なんか、毎年同じことを言ってる気がするな。そして、今まで終わっていない。とはいえ、今まで無かったということはこれからも無いということの証明にはなりません。この当たり前を我々は努々忘れるべきではない。


もとい。今年、これから気になる番組は特にありません。今までは一月一日の時点でも気になることが大抵一つはあったものだが、今年は本当に何も無いよ。『プリキュア』のネーミングセンスのひどさが逆にすごい気はするけれど、内容には特に惹かれない。妙に2クール以上にまたがるものが多かった印象だがそのいずれもあまり興味を惹かれない。辛うじて『キルラキル』ぐらいなかな。深夜以外なら『鎧武』が一番楽しみ。

去年のことを振り返る。妙に巨大ロボットものが多かった。しかしいずれも一長一短で抜群に良かったと思えるものは無かった。いや、正確を期して言うなら抜群に悪かったものはある。『革命機ヴァルヴレイヴ』。一長一短どころか短所しかなかった。『ガルガンティア』はどういうテーマだとしても散らかったまま終わった印象。『マジェスティックプリンス』は真面目と不真面目とのバランスが個人的に合わなかった。最終回がどう見ても半端なのも気になる。『ジャイロゼッター』はギャグとして一流。真面目な話として二流。

あと、極めて個人的には、虚淵玄に始まり虚淵玄に終わった一年という印象があります。一年中殆どの時期に虚淵玄がかかわる作品があった気がする。尤も、量が多い分だけ当たり外れが大きかったが。ダントツぶっちぎりの当たりが『まどか☆マギカ[新編]』や文庫化『鬼哭街』、外れは『ガルガンティア』。


そもそも私にとって去年一番の収穫は『ニンジャスレイヤー』だった。Twitterでの連載開始は何年も前、書籍化も2012年からだが、私が買い始めたのは去年からだ。だから私にとっては去年の出来事。いや、本当に『ニンジャスレイヤー』は面白い。ニンジャが出て殺す、というシンプル極まりない基本のノリ、しかし読んでいくと分かってくる非常に奥深い設定。そして主人公も、その協力者やライバルといったレギュラーやセミレギュラーも、それらに殺されるニンジャたちも、更にはゲストの一般人に至るまで皆やたらいきいきしている登場人物たち。何もかもが本当に面白くて読むのが止まらない。決して奇天烈な日本語、間違いまくった日本知識、程度の認識で止めてはいけない作品。いや、勿論そこもあるけどさ。


まぁ、そんな感じで(どんな感じだ)いつも以上に面白み無く始まった2014年。改めて今年もよろしく。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あけましておめでとうございます。2014午年

[妖精帝國] ブログ村キーワード あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 トラックバックで失礼いたします。 ご訪問、投票、コメント、トラックバック等いろいろとしていただきまして感謝感激であります。今後とも御贔屓に。 いろいろ記事がたまってます。 田村ゆかりライブ ・・・ コミケ85参戦 サウンド 音楽 アニソン Rozen...

2014

新年明けましておめでとう御座います。 4月から消費税が8%になるけど、今年こそリア充になりたいw 皆さん、今年も宜しくお願い致します{%一言・よろしくhdeco%}

謹賀新年2014

皆様、明けましておめでとうございます。本年も宜しく お願いいたします。 今年は、早合点と誤解をしないようにしたいと思います。 写真は馬年ということで、昨年の有馬記念王者・オルフェ ーヴルです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。