スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界の彼方 第7話「曇色」

復讐者、桜。

あぁ、そういえばいましたね、こんな人。


前回があまりにあんまりな内容だったので今回は内容に全く期待していなかったのだが、普通に真面目に始まったので出鼻をくじかれる。そしてそのまま大体において真面目なノリで進んで真面目に終わる。どうやら前回のギャグめいたお話は完全に無かったことにするつもりのようですね。それ自体は大いに結構なのですが、だったら前回はソフトにだけ収録される外伝第5.5話みたいなのではダメだったんですかね。


本編は、伊波桜とかいう虚ろな影騒動の際いつの間にか現れていつの間にか去っていた人のお話。彼女は栗山へを殺すためにやって来たのだという。妖夢を殺すほどに強くなるという奇妙な武器を携えて。私はなんというかですね、復讐を狙ってる人に対して、そんなことをしても死人は蘇らないとか、得るものは何も無いぞとか、そんなまるで心に響いてこない、ずれまくった説得をするような話は嫌いなんですよね。この話はそういう面が比較的薄くて良かったです。

いや、話としてはお世辞にも褒められたものではないけどね。たとえば最後の方の流れ。そんなものを力の無い者が使っていたら食われるぞ、みたいなことを現場とは全く無関係のところで話していた直後に実際そのような現象が起こる。それはまだある種の演出としていいが、その武器に襲われる現象は栗山が力ずくでアッサリ解決でき、そのくせ全てが終わった後元凶がその場に武器を拾いにくる即ち武器そのものはその場に捨て置かれていた。つっこみどころがありすぎる展開だ。それ力ずくで倒せるのかとか、どうして武器を捨ててきたんだとか。


ところで、伊波桜が持ってきた武器。アレは本当に武器が強くなればなるほどに派手な消耗をするようになる、という性質だったのだろうか。実は妖夢にだけダメージを与える妖夢殺しの武器で、神原は純粋ではないが妖夢であるが故にダメージを受けたのだ、みたいなオチが付くのではないかと思ったがこれといって何も無いまま終わってしまったな。


今回、伊波桜と出会ってこれを保護するくだりを除けば神原が話と殆ど絡んでいない。徹頭徹尾伊波桜の話であり、その性質上彼女と栗山とだけでほぼ話が済んでしまっている。なんか、回数を重ねるごとに神原がいらなくなってきている気がする。まったく、使えないなぁ、このヒーロー。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雪平、なんだよな?/のうコメ6話他2013/11/14感想

<記事内アンカー> 境界の彼方 #7「曇色」 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第6話「①トラトラトラ!②ぶたぶたぶた!」  境界の彼方の感想がさっくり書けたのでわーい今日は早めに上げられるぞと思っていたら、のうコメの方がまるで書けなくてむしろいつもより遅くなった件。あああ明日起きられるかしらん。

境界の彼方 第7話「曇色」

凪がくる。すべてが止まる停滞の時。そして境界の彼方――。 未来と桜の関係、清算へ…。 そしてやっとタイトルである「境界の彼方」のワードが登場。 物語は佳境へ? いつものように談笑する秋人の所へ二ノ宮雫がやって来て、桜が転校してくると伝えた。 驚く秋人、未来は何やら考え込んでいる様子。 夕方秋人が家に着くと、妖夢と戦う桜を目にする。 間一髪で妖夢を倒す手助けをした秋人...

境界の彼方 第7話「曇色」

境界の彼方 ガイドブック (境界の彼方)(2013)京都アニメーション商品詳細を見る  初回にて、栗山未来は神原秋人に猛攻撃を仕掛けていました。不死者だから練習台にするという感じで。おかげで、彼女の人間性に疑問を抱いて、第一印象は最悪なモノとなりました。あの部分は、原作からの改変があると聞いていたり。それを抜けば、物語を楽しんでいけてます。眼鏡ヒロインへの印象も、快方にへと向かっているかな...

(アニメ感想) 境界の彼方 7話 「曇色」

投稿者・ピッコロ 境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る いつものように談笑する秋人の所へ二ノ宮雫がやって来て、桜が転校してくると伝えた。 驚く秋人、未来は何やら考え込んでいる様子。 夕方秋人が家に着くと、妖夢と戦う桜を目にする。 間一髪で妖夢を倒す手助けをした秋人は、負傷した桜を自分の部屋で運ぶのだが、...

境界の彼方 #7「曇色」

境界の彼方の第7話を見ました。 #7 曇色 博臣は美月をアイドルグループ“HND48”のオーディションに勝手に応募したことで、携帯オーディオプレーヤーの中身が“全裸リーマン”に変えられていたり、CDが滅茶苦茶にされたりしていた。 「どうして本人に確認を取らなかった?」 「家族が勝手に応募しちゃって…とかよくある話だろ。想像してみろ!大人数に囲まれ、センターで可愛い制服...

境界の彼方 第7話「曇色」

第7話「曇色」 未来と唯の妹・桜との関係に決着がつくお話でした。 未来を追って同じ高校に編入してくる事になった桜。 美月は名瀬家の力で編入を阻止する事もできると言いますが、未来は桜を受け入れます。 ここで編入を阻止しても根本的に桜の未来への感情は変わらない。自分が唯を殺した事と家族を殺された桜に気持ちに向き合う。 虚ろな影を倒した事で未来が成長しましたね。

境界の彼方 第7話「曇色」

 今週のまとめ:  その空は決して晴れることはないけれど、雨だけはいつかは止む、というところでしょうか。  未来がやむなく手にかけてしまった異界士・唯の、妹の桜にまつわるエピソードでした。と言っても、未来と桜は第3話~第4話にかけて既に対峙しているわけで、今回は「解決編」に当たります。前回は苦戦していた未来ですが、その時と今とでは、未来の足もとの確かさがまるで違う...

歴史をある程度知っていると…(アウトブレイク・カンパニーとか清須会議(映画)とか)

【境界の彼方 第7話】恩人の妹さんとのお話決着編の巻。妹さんがこんなに早く退場しちゃうとは思いませんでしたよ。“妖夢を倒すごとに力を増す武器”という、いかにも厨二病が好 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。