スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣電戦隊キョウリュウジャー 第26話「ビックリ!ガブティラにんげん」

これは強化イベントだったのか。

全くそんな風には思えませんでしたよ。


デーボス軍幹部格は全員生きていた。それどころか新たなる幹部、怨みのエンドルフなる者まで生み出してきた。これに対してキョウリュウジャーも戦力の増強を図った。全く自然な流れだが、前回からの予告の時点では「ガブティラにんげん」なる変なフレーズに引っ張られて全くその流れを考えてなかった。不覚である。

と、人間心理を巧みに付いた誘導は良いのだがしか、全体としてはいささか不満もある出来栄えだ。結局のところレッドのガブティラ人間も、新たなる幹部エンドルフとの戦いも、いずれも全て放送時間になったから無理矢理切った、というような中途半端な決着になってしまっている。特にガブティラ人間はサブタイにまで持ち出しておきながら大して重要ではなかったかのような扱い。

それにキングが例の石のことをトリンに聞こうとするが取り合われなかったとして、結局説明を誤魔化すところも無理矢理すぎる。今まで聞く機会が無かったなどと言うが、この作品は画面に映ってる時間が作中時間の全てだとでも言うのか。一時期の平成ライダーみたいに連続性が極度に高い作品ならいざ知らず、一話完結で話と話との間に時間がたっぷりありそうな芸風のこの作品で今まで機会が全く無かったというのはさすがに通じんぞ。


色々言いましたが、新たな幹部エンドルフの猛威は良い感じですね。パワーアップを控えているとはいえ、戦隊がいい感じにボロ負けしている。あと、キングを欠いた状態でのリーダー代理に相応しいのがイアンという話も。やや唐突な気もするが問題ない範囲だ。思い起こせば最初の方の鬱陶しい人からよくぞここまで、変われば変わるものだと感心する。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ26「ビックリ! ガブティラにんげん」

獣電戦隊キョウリュウジャーの第26話を見ました。 ブレイブ26 ビックリ! ガブティラにんげん 「待ちかねたぜ、キョウリュウジャー。うちの新顔を紹介してやるよ」 倒したは

今日のキョウリュウジャー ブレイブ26

「ビックリ!ガブティラにんげん」 デーボス軍が滅んでいなかった事を、トリンはうすうす気が付いていたようだと言う事を、キングとイアンは話し合い、トリンはまだまだキング達

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。