スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴浦さん 第12話「伝えたい言葉(ココロ)」

とってつけたような終わり方。

まさにこの一語。色々なことがとってつけたように起こる最終回だった。いきなりESP研がその趣旨を変えたり、いきなり母親が現れたり、いきなり母親が実はいい人風になったり、いきなりクリスマスになったり。通り魔事件のことをもって母親が呼び出されて、これと正面から向かい合う、という流れは分かるけどその解決がとってつけたような実はいい人描写って。こんなしょうも無い展開なら途中の小ネタで十分だろ。これならまだ、通り魔事件で終わった方がましだったよ。


サブタイも、言葉と書いてココロと読むというのもセンスだけはいいが、実際の内容と合っているかは甚だしく疑問である。読心能力よりもハッキリ口で言われたほうが分かることがあると思った春香があれやこれや空回り気味に考えるのがメインの話なのだから、むしろ伝えて欲しい言葉じゃないか、これ。大体、また読心能力がストーリー優先のご都合主義がひどいものになってるし。真鍋は春香が好きだといつも思ってて、読心能力は本人が喋ってるんだと錯覚するような聞こえ方をするものなんだろ。どうして好きだと言われたことが一度も無いと分かるんだよ。


部長と副部長とのラブコメはこれからだ。まさか外見以外は完璧超人と思われた副部長に、自分に対してだけ恐ろしく鈍感などというラブコメの主人公みたいな欠点があったとは。確かに今までもそれっぽくはあったけど、あれほどとは予想外。この人たちは本当にラブコメをやっていたわけか。面白いから別に良いけどな。もし続きがあるのなら、この人たちのことだけ教えてくれればそれで十分です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。