スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴浦さん 第11話「スタンド・バイ・ミー」

はいはい、『サイコ』『サイコ』

通り魔事件の解決編。犯人は、実は多重人格だった女刑事でした。そのオチは別によかろう。そんな伏線全く無かった、とも言えない。元々、読心能力がある時点でこんな事件はすぐに解決できる筈なのだ。にもかかわらず、春香は既に出ている関係者の誰とも出会ったことがあるのに、その正体が分からない以上は心理そのものに仕掛けがあるのは至極当然。というわけで、これ自体は良いのだ。

だが逆に、多重人格だから春香でも犯行当時のことが分からないというオチにすると、女刑事が怪しくなる状況証拠が無意味になる。刑事が犯人の記憶や人格を持たないのなら、どこそこに行くなと言われて、ついそこに行ってしまった者を襲うという理屈は成り立たないのではないか。これについてはやはりよくある仕掛けだが、AはBのことを全く知らないが、BはAのことを全て知っているというタイプの関係だと考えれば説明がつく。不合理は無い。

と思ったら、全ての仕掛けが明るみに出たところで再び表に出た女刑事が普通に犯行を認めていて途端に意味不明になる。え、お前が多重人格が犯罪行為をやってることを知ってたの。その是非を問うつもりは全く無いけど、ならばどうして途中で春香が全く真相に気付けなかったんだよ。つくづく真面目に考えるのが嫌になる番組だ。


ところで、今回の話を聞いて真っ先に思い出したのが、『物語』シリーズの羽川翼だった。ストレス解消のために多重人格が事件を起こす、自分が善良な人間であるために悪心を切り離す、などネタが重なる部分が多い。あれの原作を読んだときほどの重みはまるで感じなかったが。


今日も部長、副部長の関係がいい味出してるな。もうあなたたちがヒーロー、ヒロインでいいよ。真鍋たちにはもはや殆ど興味が湧かない。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

琴浦さん 第11話 『スタンド・バイ・ミー』 はがないと対照的な真鍋&室戸のイケメンっぷりが光る。

え!?何だって!?なんて言いません。私、真鍋のことがずっと好きだった。ここへ来て森谷突然の告白。通り魔の襲撃を受け、ショックで琴浦さんは行方不明中。普通なら「空気読めよ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。