スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Robotics;Notes 第21話「ガンヴァレル発進!」

ようやく第1話に繋がった。

というか、もう第1話に至る展開ってことを忘れてたよ。


今回のあらすじ。ガンつく1の改造を始め色々な準備を終えたロボ部はいよいよ君島に立ち向かうことと相成った。その様子は第1話の冒頭にあったもの。ここに来てやっと話が繋がったわけだ。不思議だな、普通ならもっと感動せねばならんシチュエーションだと思うのだが今一つ感動がない。ここまで前ふりが長すぎた上、途中の展開がやけにグダついていたせいだろうか。

尤も『Steins;Gate』が第23話まで来てようやく第1話の謎が説明できたときには本気でこの上なく感動した上、そこまでを長過ぎるとも思わなかった。これが出来の違いというものか。


君島はゲジ姉と共に海翔たちを殺そうとするも、ゲジ姉のエラーによって失敗。君島はアッサリゲジ姉を消した。本当に、この人だけ作品のノリが違いすぎだろ。オリジナルの愛理によれば、君島は生前とは少し変わってるそうで、本人はそれをプログラムの限界かもと言っていたが、はたしてどうだか。なんか、たとえ死ななくてもそのうち目的を忘れて今のようになってたような気がする。こいつは絶対そういうタイプだ。

ゲジ姉といえばオリジナル愛理と向き合って話す終わり方は実にきれい。この作品らしからぬ見栄えのするシーンだった。


君島への対策には改造したガンつく1による攻撃以外には、君島を消し去るプログラムを作って君島を倒すというものも。あ、そうか。考えてみれば当然のことだが、ネット上の存在になって物理的に手出しできなくなった代わりに、ネット上の存在としての弱点も抱えるようになったわけだ。自由に動かせる人も殆どいないし、実は結構間抜けな状態なのか。


いよいよ決戦前あき穂が、終わったら言いたいことがある、などとベタな死亡フラグを立てようとするなと思ったら自分で死亡フラグだと言い出した。更にそれを受けて海翔があき穂のことを好きとか突然言い放った。作中人物も驚くぐらい突然だったので、人間性を買ってるとかそういう意味なのかと思ったら普通に恋愛感情の意味だった。あまりにもあんまりな告白でビックリですよ。

おかしいな、『Steins;Gate』のときは普通に(以下略)。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ROBOTICS;NOTES 第21話「ガンヴァレル発進」感想

幼馴染大勝利!

ROBOTICS;NOTES #21  ガンヴァレル発進!

 爆ぜろリア充!

ROBOTICS;NOTES 第21話 ガンヴァレル発進!

誤情報に政府が気付くのも時間の問題となり、君島はJAXAに戦力を集中させ、ロケットの発射を急がせろと。 そんな状況ゆえ、恐らくは安全と判断した海翔は、綯、何か思い出せそう ...

(アニメ感想) ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ) 第21話 「ガンヴァレル発進!」

投稿者・鳴沢楓 ROBOTICS;NOTES ( ロボティクス・ノーツ ) フィギュア 瀬乃宮あき穂 ・ 神代フラウ 全2種セット (「ペーパークラフト④愛理」付属)()不明商品詳細を見る ☆アニメを濃く

◎ROBOTICS;NOTES#21ガンヴァレル発進!

=太陽アラシの情報は謝った情報であるとc)ミサ:ロケット発射急がせろ=>はずせっていってるだろロ>昴:軽量化するんです父>座れ・・・))大丈夫なのTT)アイリタンもアイ)なにか思い出せ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。