スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣電戦隊キョウリュウジャー 第4話「うちぬけ!ゆうきのガブリボルバー」

結局友人の仇って。

よくあるような話だけど、なんかスッキリしないなぁ。


いよいよ最後に残ったブラックと仲良くなる話。ブラックはかつてまだキョウリュウジャーではなかった頃に友人をデーボス軍に殺されており、そのトラウマから人を拒んでいたのだ。そんなブラックと仲良くなるというよくあるようなお話。

話の内容に言うことは特にありません。敵に捕まる形になったら一瞬も躊躇わず、俺ごと撃て、と言ってのけたり、ブラックが抱える悩みの質を正確に見抜いたり、とキングは実にかっこいい。今までは実のところそれほど思い入れなかったが、今回で一気に高く評価したね。言うことはそれぐらいです。


さて、そんな大筋はいいのですが。細かいところが判りづらいというかスッキリしないものを残す。結局ブラックの友人の仇は今回の怪人ではないんだよな。今回の怪人は明らかに人間の対策として新たに作られたものだ。そしてデーボス軍が対人間に特化するようになったのは物語が始まって以降。正確には第2話から。しかしブラックは友人が殺された事件の直後にキョウリュウジャーになる試練を受け始めた。どう考えても時間が合わない。また彼のマントは元々哀しみの戦騎のものだというオチもついた。

以上のことからブラックは仇を勘違いしていることになると思うのだが、そのことが触れられないままに終わっておりなんともスッキリしない終わり方になっている。意図的に引っ張っているにしても、そんなネタで引っ張られてもなぁ。


ところで、今回はまた哀しみが担当することになった件について作中でも、中々選ばれないね僕たち、などと楽しみが言っている。むしろ楽しみに選ばれる可能性があったことが驚きだよ。一人だけ密偵という他よりランクの低そうな言葉だったり、特に理由も無く巨大化を専門にさせられていたり、どうも他とは違うポジションにありそうな空気が漂っていたのだが。

実際のところどうして喜びや楽しみは中々出てこないんでしょうね。人間を滅ぼすのを目標に人間社会へ被害を出しつつ、個人を楽しませたり喜ばせたりする展開が困難だからだろうか。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ4「うちぬけ!ゆうきのガブリボルバー」

獣電戦隊キョウリュウジャーの第4話を見ました。 ブレイブ4 うちぬけ!ゆうきのガブリボルバー 「よぉ、労働者諸君。大変だね」 「お、アイツ、何てったっけ…!?」 「確かイ

獣電戦隊キョウリュウジャー 第4話

今週も始まりはアミィの働く喫茶店から。 絵を描くダイゴ、他の3人もすっかり和気あいあい。 そこに遠くの席から声をかけるイアン。 みんなはまだ彼がブラックとは知らないけれど...

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ04「うちぬけ!ゆうきのガブリボルバー」

遂にキョウリュウジャー5人が仲間となって、獣電戦隊の名乗りも完成。変身した次の瞬間、建物の屋上にジャンプして高らかに名乗るという何とも懐かしい演出に笑いがこぼれます。 「...

◎獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ4「う...

>>ノブ:ノッサンがソウジ君にまで定着してる->労働者諸君大変だね))また違う女の子といるのねすっげーな!一回もはずしたことないのか->大きなお世話だ=*>また宝石が盗まれてしま...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。