まおゆう魔王勇者 第9話「わたしは“人間”だからっ」

メイド姉の演説。

このエピソードに力を入れたかったのはよく分かった。


魔王の影武者として捕まったメイド姉ですが、巧みにぼかした自分の身の上話やその他諸々を演説して群衆を扇動してしまいました。この演説はひいては王や女騎士たち主要人物まで揺さぶり、結果勇者が介入するまでもなく教会の者は追い返され学士の捕縛は有耶無耶になってしまいました。今回は殆どそれだけのお話です。本物の魔王は自分の用件が大変だったのか一言も喋りませんでした。

メイド姉の演説のせいで民衆の魔王に対する印象が良くも悪くも変わってしまった気がするけれど、そんなことはメイド姉の知ったことではない。そんなこととは関係なく己の思うところを語ったからこそ民衆を動かすことが出来た、ということだろう。

改めて思う。この作品で一番主人公補正というかそういうものを受けてるのは勇者でもなければ勿論魔王でもなく、メイド姉だ。勇者は別格に強いらしいし、魔王は群を抜いて頭が良いが、それは所詮そういう設定であるという以上のものではない。しかしメイド姉は明らかにその域を超えている。何の変哲も無い農奴の娘だったが、親切な天才に拾われ、最先端の勉強をしたところそれで優秀なものを見せ、一つ語ったところ大量の人間を動かしてしまった、と。その人生、あまりにもご都合主義。


どうでもいいけど、話を聞いてる民衆の数多すぎ。町の一角に何万人居るんだよ、お前ら。しかも町は豪くきれいに作られてるのに、石を投げろと言われるとかなり大きくて大ダメージになりそうな石がひっきりなしに飛んでくる。この町、どういう構造になってるの。


内容の殆どをメイド姉に持っていかれたが、同盟がなにやら企んでいるようだったり、世界の支配なんて考えてるという人が現れたり、光の精霊が実在していることが視聴者にだけ明かされたりと、ネタが豊富であった。だというのに次回が限りなくどうでも良さそうで困る。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まおゆう魔王勇者 第9話「わたしは“人間”だからっ」

紅の学士は異端認定され中央教会に引き渡されることとなる。 魔王に扮したメイド姉が身代わりとなるが…。 引き渡しの場で、メイド姉は集まった群衆に思いの丈を語りだす! 戸松

まおゆう魔王勇者 第9話「わたしは〝人間〟だからっ」

「精霊様のくださった贈り物は たとえ王でも たとえ教会であっても  侵す事の出来ない神聖な宝物なのです!」 紅の学士は異端認定され中央へと引き渡される事に! 身代わりとして魔...

まおゆう魔王勇者 #9「わたしは“人間”だからっ」

もうそんな時期なんですよね、 こういう例年イベントによって季節を感じるというのはよくある事。 今となってはコミケに参加する事も無いですし、 こういうイベントにも参加しづら...

まおゆう魔王勇者 第9話 【わたしは“人間”だからっ】 感想

吟遊詩人に頼んだ青年商人は? 時間稼ぎ…のようでしたが、これの意味が最初分からなかったです。 吟遊詩人が出てきたんだから彼に歌をうたわすイベントとかないんですかね? まお...

(アニメ感想) まおゆう魔王勇者 第9話 「わたしは“人間”だからっ」

投稿者・ピッコロ まおゆう魔王勇者 (2) (初回生産限定特典:朗読劇「夜の部」優先購入応募券) [DVD](2013/04/17)小清水亜美、福山潤 他商品詳細を見る 馬鈴薯は悪魔の実、指導なされた農

まおゆう魔王勇者 第9章「わたしは“人間”だからっ」

9話目、今回の半分はメイド姉の演説ショーでしたね(苦笑)。でも重要だったのはサブタイトルとされた台詞よりも、夜になって身内だけで集まってる時に勇者がメイド姉に 「マジで凄

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア