Robotics;Notes 第16話「巨大ロボットが、大好きです」

唐突に大変な雰囲気に。

ようやく本題が進んだと思ったらこれか。


色々あったようでいつの間にかガンつく2は出来上がっていた。予定通りモノポールを使っており、あくまで前回と比べてだが非常に滑らかに動く。それはいいのだが、モノポールがあれ以来毎日のように振ってくるようになった、てなんだそれ。唐突に過ぎるわ。完全に今思いついたような設定だぞ、おい。

しかし順調なのも束の間、突如としてガンつく2が倒れて昴が巻き込まれた。昴、いい奴だったのに。とても無事では済むまい。まぁ、しかしそれはそれとしてどうにも間抜けな絵ですね。なんで棒立ちで待ってるんだよ。あんな巨大な物体が倒れるところだったら気付いてかわそうとするだろ。


近所の人からまたしても君島のことには近づくなという奇妙な警告。それは分かったから、どうして君島のことを調べてはいけないのか理由を話してくださいよ。と思ったらそこに流れるかごめかごめ、そして思いっきり不可解な展開で彼女は身を投げて死んだ。一体何故こんなことに。というか、せめて死ぬんなら君島レポート最後の一個を読めてからにしてくれ。半端なところで切られては余計気になるじゃないか。


何だかんだで盛り上がって来た。さすがにこれはいつものノリでリセットしないよな。したら怒るぞ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ROBOTICS;NOTES 第16話「巨大ロボットが大好きです」感想

最後に落として来ましたね。

ロボティクス・ノーツ

「ロボティクス・ノーツ」16話です ーざっすじー ガンヴァレル試作2号機が完成するが 試験歩行中に強風が吹き昴に倒れかかってくる 一方その頃海翔は君島レポートの続きを探して

ROBOTICS;NOTES 第16話 巨大ロボットが、大好きです

事故で下半身不随となり、車椅子生活となった瑞榎。 エグゾスケルトン社が開発した、障害を持った人間が装着し、その動きをアシストするHUG(Helpful Unlimited Gear)のおかげで、現在 ...

◎ROBOTICS;NOTES#16巨大ロボットが、大好きです

→ミズカが事故で足がうごかなくなる→義足をもらう凹))アキ:本当にありがとう。ジャジャーン、これが二号機ガンツク2です海翔:あたまにはってあるのは))抵抗の証なの。起...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア