スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫物語(黒)

正しいことが好いことだとは限らない。

私は普段アニメを語るに当たってシリーズの別作品や原作と比べたり、或いは比べずともそういうものを持ち出すのはなるべく止めている。しかしこの作品は原作からして言いたいことが腐るほどあり、そしてその原作にかなり忠実な映像化なので、禁を破り、原作や別作品のことを持ち出したいと思います。


ハッキリ言って、原作を読んだときからこの作品に対する私の評価は極めて低い。『物語』シリーズ全体の中でもダントツで最低ランク。これより低い評価は一つしかない。理由は色々あるが、その多くがこのアニメ版では原作に忠実に残されており、やはり耐えられないものがある。

ただし、アニメ版には独自の良いところも幾つかある。最初に『化物』の総集編映像を入れたり、ED後に階段の上から戦場ヶ原が落ち来るところを経てセカンドシーズンの予告に入ったり、雑談を控えめにして出来る限り間延びしないようにしたり。この辺は実にいい仕事をしたと思う。


具体的なことに触れよう。評価が低い理由は色々あるといったが、究極的には一つのことしかない。それは、前日譚だと言いながら過去の改ざんをしたこと。たとえば、羽川が父親に殴られて云々というところ。ここと同様のシーンは『化物』「つばさキャット」編での回想にも確かにある。しかしそのときは純粋に大真面目な話として描かれており、ギャグが入り込む余地は全く無い。「なんでもするから」を受けて長々とギャグをやるのは今回の完全な捏造である。しかもたちが悪いことに『化物』のときは言うに及ばず今回も阿良々木君の一人称で進む回想のような形式を取っている。その場の都合で過去を捻じ曲げていると言われてもしょうがない適当さ。

また、アニメ版では「つばさキャット」でゴールデンウィークの事件を回想しているときに流れる映像が、まだ原作『猫(黒)』が出ていなかった時期なので、実際の『猫(黒)』とは明らかに異なっている。その原作に忠実に今回のアニメ版は作られているので、アニメだけ見ているとそもそもゴールデンウィークの事件そのものが改ざんされている感じである。

他にも、まだこの時点では名前の無い吸血鬼を喋らせていたりして、本当に過去の改ざん、捏造がひどすぎる。これは、西尾維新が前日譚を書くといつもこのように整合性を放り投げるというのならいざ知らず、これ以前に発表された前日譚や時系列がばらばらの話はたいてい整合性がしっかりしており、特にこのシリーズの『傷物』の出来は素晴らしかった。それだけにここで唐突にギャグに走ったことが許しがたい。

他にも、アニメ独自の良い点がある半面、独自の悪い面もある。妖刀・心渡りが長すぎる。最後の、一度飲み込んで体の中に隠す、というオチを考えたらあの長さはありえない。どう考えても自分の体を串刺しにするだけだろ。絵を描いていておかしいとは思わなかったのか。


まぁ、色々クドクド言ったけれど全体としては、傑作になり損ねた駄作、といったところかな。もう少し気をつけていれば傑作にも十分なれそうなテーマやストーリーだった。そう、テーマ。この話のテーマはただ一点、羽川の正しさ、これに尽きる。倫理や道徳というのは人にそうあれかしと思って作られたものなのだから、その観点に沿って正しい人というのは素晴らしい人だろう、と単純にはそう思える。しかし本当にそうなのだろうか。道徳的、倫理的に正しいとされることを機械のように淡々と、感情を挟まずやれる人は本当に素晴らしいのか。そんなことについての話だ。

西尾維新という作家は作品によってやることをコロコロ変える人だ。発表の近い複数の作品で言ってることが正反対のこともある。けれど彼にとっても、正しさについての問題は結構大きいことだったのかもしれない。これ以降彼の作品ではしばしば、正しいとはどういうことか、という問題が表れてくるようになる。『めだかボックス』しかり『少女不十分』しかり『悲鳴伝』しかり。


そして、原作からして似たようなことをやってるのだが、最後に発表されたセカンドシーズンのアニメ化が楽しみだ。正確には『猫(白)』『傾』あたりが。個人的にはセカンドシーズンはこの最初二つがピーク。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猫物語(黒)「つばさファミリー」

化物語の前日譚となる物語。 物語シリーズセカンドシーズン アニメ版も開幕です♪ 今回の物語は、羽川さんの障り猫の怪異のお話。

猫物語(黒) 感想

それは初恋ではないなにかの物語。 阿良々木暦が戦場ヶ原ひたぎに出会う前の、化物語の前日譚。 猫に魅入られた羽川翼と過ごした、黄金色に輝く九日間。4話一挙放送! なんとO

猫物語(黒) 「つばさファミリー」

 触らぬ猫に祟りなし。

猫物語(黒)「つばさファミリー」

人気シリーズ「化物語」の前日譚。ゴールデンウィークの暦と翼のお話。 OVA化された「猫物語(黒)」の年末特別先行放送。 気になるクラスメイトが居ると妹の月火に相談する暦...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一応、化の時と矛盾するシーンについては、

〝一部「つばさキャット」時の回想と矛盾する点があるが、これについては阿良々木暦が翼に気を遣って真実を伏せて語ったからだと説明されており、「つばさファミリー」の方が真実に近いとされている〟

らしいです。西尾らしい言い訳(笑)
プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。