機動戦士ガンダムAGE 第39話「新世界の扉」

動くと好きになれる。

レギルスは言うまでも無く、イゼルカント様本人も結構。


名前だけはフリット編最後のほうからすでに触れられていながら、ハッキリと顔を見せたのはキオ編に入ってから。喋る以外の複雑な挙動を見せたのはココ数回(キオのヴェイガン暮らし)が初めて。それがイゼルカント様。この数回が初めて動いたといえるのだが、動いてみれば意外と味がある人だったと思います。

イゼルカントの真の目的はヴェイガンの地球移住でもなければ、地球人殲滅でもなかった。真の目的は今よりはるかに優れた人類だけを集めて、争いの無い楽園を作ること。そのために極限状況を作って生き残るかどうかを調べる。天使の落日を始めとするコロニー攻撃がそれである。時には事故に見せかけてヴェイガンの内部でも同様のことを行った。

色々とつっこみたくなることはあるが、そこは黙らなければならない。この真相は明らかに、そんなふざけた動機で70年間もやってたのか、というつっこみ待ちである。全く擁護不能、誰からも反発を受ける悪役というコンセプトで作ってるのではあるまいか。それならば大成功である。多くの者が本当にそう思うのだろうから。私が悪役として味があるという理由である。

それから、もう一つ。この動機は物凄くふざけてるようだが、今までのちぐはぐな描写に筋が通ったのは確か。地球に帰りたがってるというわりには和平交渉は悉く却下されたといい、その実「絶対失敗しない作戦」でコソコソ地球に送り込んだり、地球人をスパイに仕立てたり。その時その時で話がかみ合ってないのに多少だが納得行った。


レギルスも良いですね。手から剣が出てきたり、胸からビーム撃ったり、ビット使ったり、と今までのヴェイガン製機体の総決算という感じだ。齎した結果(海賊二人を瞬殺、キオのガンダムを二度に渡り瞬く間に解体)からいっても、強敵という感じがひしひしと伝わってくる。しかし、この世界のガンダムタイプの定義って何なんだろうな。


ヴェイガンって態々志願兵を募ったりしてたんだ。と、どうでもいいことに反応してみる。その中に病弱少女の兄の姿が。お前、まだ出るのかよ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE 第39話 「新世界の扉」

機動戦士ガンダムAGE 07 [豪華版] (初回限定版) [Blu-ray](2012/08/24)江口拓也、神谷浩史 他商品詳細を見る  ガンダムレギルスに歯が立たずにオービタル ノーマル仕様をことごとく破壊

機動戦士ガンダムAGE 第39話「新世界の扉」

きっちり3クール目で、AGE3は産廃処分となりました (´▽`*) 新商品ロボのレギルスを活躍させたので  玩具宣伝アニメとしての役割は今回果たしてるからOKなのかなw ...

イゼルカント様の目的とは アニメ感想 機動戦士ガンダムAGE 第39話「新世界の扉」

サクッと新型出しましょう

◎機動戦士ガンダムAGE第39話「新世界の扉」

∥アセムがキオを連れて脱出。∥キオは、ルウに会いにいくが、ちょうど死んでた。∥宇宙にでたところで、敵の新型ガンダム登場。キオ:あれは、ガンダム。 イゼ:戻れキオ。お前に...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア