スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪廻のラグランジェ 鴨川デイズ

良くも悪くも、らしい作品。

サブタイの鴨川が珍しく上手く決まってるかな、なんて思ったり思わなかったり。


私が『輪廻のラグランジェ』という作品に対して思うことを纏めると、局所的に見れば良い設定、良いシーン、良いエピソードは幾つもあるのだけど、全体で見ると複雑骨折を起こしたかのように全くダメ、といったところだ。その最たるものが、いきなり話がとんで纏めに入ってたあの最終回である。

駄目なところと言えば、露骨な鴨川アピールがよく上げられるが、それも結局はこの性質が根本にある。ご当地自慢自体は別に問題ではないのだが、その他の物語としてやるべきこと、例えば宇宙戦争とか巨大ロボットの謎とか主要人物の関係とか人間的成長とか、とまるでかみ合っていないのだ。


この劇場版というかOVA版は、問題の性質が図らずも良い効果を齎している。この作品はテレビシリーズの一切合財を忘れて、唯一本の作品として眺める限りにおいては、物凄く良いところも無いが悪いところもそんなに無いそこそこの作品です。まぁ、オチが弱いかなという程度。

ドラマチックなことは殆ど起こらない、日常物というか、青春物というか。異星人たちのあれやこれやは舞台装置に徹しており、ひたすら益体も無いことがつらつらと語られる。とにかく非常にまったりした作品である。巨大ロボットに至ってはむしろ邪魔なぐらい。その雰囲気のせいで鴨川も苦にならない。むしろそういう作品なのだと思ってしまう。

割り切って見れない人には全くお薦め出来ませんけどね。テレビシリーズの延長として見た場合、例によって例のごとく、物語が派手に複雑骨折を起こしてるので。


今日はここまで。シーズン2どうしようかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。