スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第26話「地球 それはエデン」

アセム編の決戦らしき空気に(唐突に)なってきて、ヴェイガンの大群が突如として現れたことに地球側がビックリしたところが前回のヒキです。

そしたら今回になって突然「こんなこともあろうかと」用意されていたがごとき大量破壊兵器があって、話の繋がりの悪さにこちらがビックリである。さらに作中でも現実でも散々時間をかけてこれを撃ってみたところ、ゼハートが先に気付いて命令を下したことがあったとはいえ兵士達はさっさと逃げ、要塞は謎のバリアを出して防いでしまい損害皆無。何だ、これは。

私としてもあんな兵器であっさりやられて欲しくはなかった。ただでさえ存在そのものが唐突な上、撃つ為の計略でまたフリットの優秀さをアピールしようとしてる作劇が本当に不快だったので、こんなので大損害が出たら堪らないと思っていた。だが、名のある人は当然のように誰も死ななかったしそれどころかモブでさえ殆どやられた様子が無いというのはどういうことだ。マジシャンズ8(の一部)やデシルは命令を聞こうとせずつっこんでただろ。


以前、番組そのものがネタバレしていたことではあるが、デシルの専用機クロノスには他の機体を操る能力がある。こんな面白い能力で一体何をやるのかと思ったら、マジシャンズ8の今まで台詞も名前も無かった二人を使ってガンダムを囲んだだけ。なんて面白みの無い使い方だ。

一応、これを助けたウルフが逆に後ろからデシルに刺されて死ぬことになったり、それで起こってパワーアップした(ようにしか見えない)アセムが逆にデシルを殺したり、と玉突きのようにいろんなことが起こってはいる。だが、この状況を起こすだけなら別に他人を操る能力など必要ない。デシルに協力してくれる人が居ればそれで済む話である。

デシルの最期については最後まで良い噛ませ犬でした、とでも言っておくか。ゼハートが目的達成の障害になるようなら排除とか言ってた割には普通に動いてるな、と思ったら実はなんだかんだと理由をつけて見殺しにしてた、という真相はちょっと面白かった。個人的にはここが今回一番良かったと思えるところかな。ウルフの最期については、あえてノーコメントで。


ヴェイガンの作戦目的はコロニー乗っ取りだったわけだが、フリットがそれに気付いて反撃に出ようというところでヒキ。それは良いんですが、またお前もガンダムに乗るのかよ。



おまけ
リマスター版『機動戦士ガンダムSEED』 第15話「燃える砂塵」

砂漠を勢力圏とする敵の部隊と初めての戦闘。以上、終わり。色々と不穏当なシーンがあった気もするが、そんなことは気にしない。


いや、それにしてもやはり砂漠編は迷言、珍言、迷シーンのオンパレードだな。一例を挙げると「空ではどうだったか知らないがここではバクゥが」とか「所詮は人型」とか自信満々だが、だったら何故この世界のロボは四足歩行がスタンダードにならなかったんだ。変に説明したことで却って自爆している。

「戦争をしに行くぞ」
このエピソードの敵、アンドリュー・バルトフェルドを代表する迷言。彼らのような個人が行えるのはあくまで戦闘であって、戦争ではない。戦闘、殺人、虐殺、暴行、略奪、行えるのはあくまでそういったことであり、戦争ではない。

「アンドリュー・バルトフェルドの母艦だわ。敵は砂漠の虎ということね」
“砂漠の虎”はバルトフェルド個人の二つ名。つまり、同じことを二回言っている。もうちょっと推敲出来なかったのか、この脚本。


この時期の妙な方向にキャラがぶれているキラは、まぁ、製作者がそういう風にやりたかったってのをやってるんだろうし嫌いではない。少なくとも文句をつけるところではないと思う。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダムAGE 第26話 「地球 それはエデン」

投稿者・鳴沢楓 機動戦士ガンダムAGE 第3巻 [DVD](2012/04/20)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る ヴェイガンは、地球への大規模な侵攻を開始する。移動要塞ダウネスを用い、地球に最も近いコロニー、ノ...

機動戦士ガンダムAGE 第26話 「地球 それはエデン」

機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕 第3巻 【豪華版】 (初回限定生産) [Blu-ray](2012/04/20)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る ◆第26話 「地球 それはエデン」  デシルにウルフ...

機動戦士ガンダムAGE 第26話

「地球それはエデン」 アセム スーパーパイロットになれ 誰よりもこの俺よりもすげぇ 宇宙一のパイロットにな… ウワァァ━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!! アセムのせいでウルフがァァァァァ! 戦友がまた一人… さすがのフリットも涙...

機動戦士ガンダムAGE#26「地球 それはエデン」 MSA方式感想

この記事はMSA方式の感想記事です。基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。 エル「MSA ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。