ラストエグザイル-銀翼のファム- 第19話「Queening square」

結局最後は力技か。

ここ数回の展開は本当に一体なんだったんだろう。


リリアーナ暗殺で和睦はグダグダになったところで、ルスキニアが再び戦い始めた話。和睦に至る流れ自体が結構無理筋なので、どうして一度派手に戦って和睦になりかけてまた戦う、などとしたのかよく分からない展開である。


ルスキニアが以前グラキエスに行った理由、探していたものの話題がついに登場。グランエグザイルなるエグザイルで、鍵はサーラでした。その力は圧倒的であっと言う間に戦っていた艦隊が滅んだ。ルスキニアは態々戦いを起こしてこの力で一体何がしたいのか。

ここだけ見れば悪くない感じだが途中過程において、ルスキニアがその気になれば銃弾を簡単によけられたり、簡単にサーラを奪えたり、となんかここまでの話を色々と台無しになっている。


ルスキニアとは10年前ファラフナーズの護衛をしていた頃からの付き合いで、現在は腹心の部下として働く暗殺者の人。彼がディーオとの因縁の対決でわりとあっけなく死んでしまった。この対決OP映像で強調されていたわりには、なんとも地味な結末だ。

まぁ、リアリティがある描写と言えばそうですけどな。レギュラーであろうと容赦なくさくっと消せる辺りには好感がもてる。


リリアーナを殺した人が、全く喜びが湧いてこない、とかふざけたことを言っています。何でだよ。ミリアたち新生トゥランとは多少縁があるけど、リリアーナたち旧トゥランと好意的な関係なんて皆無だろ。リリアーナは普通に単なる仇敵だろ。今まで何度となく戦場で戦い多数の敵を倒してきたんだから、人殺しだけで気分が沈むなんて段階もとっくに通り過ぎてるだろうし。話の都合感、ここに極まれりといった感じだ。

殺した人と相方とで台詞の方向性が逆ならそれほど不自然でもないのだが。つまり、実行者の方が素直に喜んで、相方がこれで良かったのかと考えてる、みたいな。


今回もファムはストーリーの中心と殆ど関係無し。ことここに至ってようやく(唐突に)自分が何も分かっていなかったバカだと気付き、反省したぐらい。でも結局、レースに拘るのは変わらないんだけど。もう、誰かコイツ帰らせろ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラストエグザイル-銀翼のファム- 第19話「Queening square」

ルスキニアのやり方は誉められたものじゃないけど、言ってることは正論なんだよなあ。 ディアンの狙撃がなくても、いずれ戦乱再びの状況にはなったでしょうね。 すべてを終わらせるのは最終兵器の発動しかな...

ラストエグザイル 銀翼のファム第19話感想。

今週のファムが、15話くらいに居りゃなぁ……。 うーん(汗) 以下、ネタバレします。ご注意を。

ラストエグザイル-銀翼のファム- 第19話「Queening square」感想!

ラストエグザイル-銀翼のファム- 第19話「Queening square」 リリアーナの死。 一応葬儀みたいな事は行われ、ルスキニアも花束を持って参上。 しかし息つく暇もなく戦争はあっけなく再開。 和睦は...

◎ラストエグザイル-銀翼のファム-#19「Queening...

サーラさんが泣く。リリアーナさんの葬式。ミリア;私は何もわかっていなかった。ファム:何もわかってなかった。ディアンは拘束されてた。ルスキニアが花持ってくる。ジゼ:あなた...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア