スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第21話「立ちはだかる幻影」

幻影(シミュレーター)と戦って、上手いこと言ったつもりか。いや、上手くないとは言いませんけどね。

問題は、やることなすこと説得力が無いことなんだよ。以前から思っているが、アセムはことあるごとに父親が偉大な人物であることに振り回されているように描かれているわりに、フリットがそこまで大した奴とは思えず全く納得できない。

今回の、まさに幻影との戦いであるシミュレーターにしても、フリットの操るガンダムがアセムの操るガンダムと比べてそこまで強いとは到底思えない。というか、26年前の戦いでフリットが使っていたガンダムと最新鋭のゼイドラとを同列に並べるとか、ありえないだろ。

フリットが使えば26年前のガンダムでもアセムに勝てる、と。つまりそれほどフリットが天才的能力の持ち主だと。嘘を吐くな。

前回ゼハートに敗れたことで、より強くなりたいと思った。ちょっと訓練を受けてみたところ、Xラウンダー適性があまり無いことが判明しガッカリする。あらすじを書けば、中々面白そうな展開ですが、本当にあらすじだけだ。


ロマリーとアセムとの会話が久しぶりだなぁ、と思っていたら作中人物も久しぶりだと言っていた。分かっててやってたのかよ。現在ロマリーの興味はゼハートだと思われる節が。この人の思考回路はどうなっているのだろう。学生時代からアセムを追いかけていたように見えるのに。

いやいや、邪推のしすぎだ。きっと、以前のように三人仲良く過ごす日々を送りたいとか何とかそんな感じの目標があって、そのためにゼハートに会えるかもしれない今のポジションについた、アセムもゼハート大切な友人なのは今も昔も変わらない、とかきっとそんなオチだ。

自分で書いてて嫌になってくる。もし本当にそうなら、戦争という状況を全く考えず私欲だけで動く最低の人種だ。私の結構嫌いなタイプである。



リマスター版『機動戦士ガンダムSEED』 第10話「分かたれた道」

人々の台詞に一々つっこみどころがある。つっこみどころではない台詞の方が稀、という狂気のエピソード。1クール目の中では指折りのおかしな話であろう。


人質を取るという、生き残るための基本的といっても良い行動が、何故か敵味方全員非難ごうごうになり挙句主人公が独断でその人質を帰してしまう。そして味方の中にもその行動に同意するものが何人か居る。まさに、書いた人間の頭の構造を疑う展開である。

その勝手な人質返却において、またキラとアスランとが堂々巡りの問答をする。つっこみももう一回繰り返すけど、友達がどうのこうの言いながら同じく友達であるはずのアスランの話を頭ごなしに拒むって、キラの頭は一体どうなっているんだ。


クルーゼが仮面を外しているところが初登場。でも、彼は最後まで素顔が映らない。仮面そのものではなく、素顔が画面に映らない人、としてキャラを立てていたのは面白い。薬を飲んでいたのはなんだったんだろう。

最後、ラクスが受け渡されたところで機体に乗って攻撃に出るところ。明らかに書き直してあるな。その後すぐ終わってあまりに無駄なんだけど。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE 第21話 「立ちはだかる影」

機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第2巻 【豪華版】 (初回限定生産) [Blu-ray](2012/03/23)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る  ジェノアスⅡの整備担当レミ・ルース。メガネ娘ですがオ...

◎機動戦士ガンダムAGE第21話「立ちはだかる...

アセムがマックス少尉を訓練に付き合わせる。マック:僕のほうが階級が上なんだぞ。=艦内アリー:また訓練、熱心だな。ウルフ:訓練?あれはただの憂さ晴らしだ。=連邦軍ビックリ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。