スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第17話「友情と恋とモビルスーツ」

素材は良いんだが、調理がなぁ。て、それはこの番組ではいつものことですね。

それは私だって、アセムとゼハートとが親交を深めていく過程の細かい描写が足りない、ダイジェストではなく真面目にやれ、とか次回でもう卒業か、とかつっこみたいですよ。しかし、だ。ここはあえてつっこまない、逆向きに考える。

即ち、おそらく重要なことは主要人物数名は学生時代行動を共にしていたことがあるという状況設定であろう。この関係がどういう状態から始まったか、というところから話を始める気があると考えるのだ。本来こんなことは、昔そんな風だったと時々回想する程度で構わない。それを律儀に最初から描いてくれるという親切な仕様。しかし、どうせ後の人間が回想してる程度の話なので詳しく描くわけではない。そう考えれば全てに筋が通る。

ふぅ、無理矢理な擁護完了。


中々壊れない馬小屋及びそこまであっという間に辿り着くアセム、などの根本的におかしい描写に対してはさすがにつっこみを抑えきれないがな。


最後に一つ、ゼハートと共同で任務に当たっているヴェイガンのおっさん。攻撃を食らって火を噴いてる機体の腕を自ら落とすあたり、いかにもできるって感じがして良いですね。機体がただの量産型というのも良い。



リマスター版『機動戦士ガンダムSEED』 第6話「消えるガンダム」

色々と言ってみただけ感が強いエピソード。政治的事情などから色々理由をつけられてアルテミスにとらわれの身になるとか、キラがコーディネータだと知ったアルテミスの人がキラにグダグダ言うとか、もっともらしいネタをやればやるほど、しかしそれらは後にまるで活きてこないのであった。

アルテミスの人がキラにグダグダ言うところは、そういうこととは関係無く台詞のセンスなんかもひどいけどな。何だよ「裏切り者のコーディネーター」って。小学生の口げんかレベルだな。


素朴な疑問も一つある。実体弾もレーザーも通さない脅威の防壁「傘」。アルテミスが特別扱いを受けているということはアルテミスに固有のものなのだろうが、どうして広まってないのか。上手い説明があるとはとても思えない。明らかにこれ、ブリッツの消える能力を話に絡ませるためだけの設定だ。

全体的にどうも、話の展開を勢いだけで口走ってるだろと思わずにはいられない。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE 第17話 「友情と恋とモビルスーツ」

機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第2巻 【豪華版】 (初回限定生産) [Blu-ray](2012/03/23)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る  「青春は、友情と恋とモビルスーツ」、何故モビルスー...

◎機動戦士ガンダムAGE第17話「友情と恋とモ...

ヴェイガン襲撃がニュースになる。マシル、シェイウィーがガンダムの話題するが。アセムは知らないフリをする。ロマリ:昨日のお礼を言いにきたの、二人だけの秘密ね。コンテスト期...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。