ダンタリアンの書架 第10話「幻曲」

幻書ならぬ幻曲。

主人公コンビは相変わらず傍観者。


先ず今回第一の違和感。何故今回だけ「幻曲」と差別化を図るのかが分からない。幻書は別に書物の形をしているとは限らないと以前言ってましたよね。その発言があった「胎児の書」は実際書物でもなんでもなかった。あれと実質的には大差ないのに何故今回だけ幻曲。

ストーリーの展開もひどいなぁ。いきなり出てきた男が、自分が犯人であること、企んでいることなどを勝手にべらべら喋りだした時にはどうしようかと思ったよ。音楽で、逃げろと警告を発するというのもかなり意味不明だし。

ただ、犯人は防音の空間にいたので異変に気付けずおそらくは死んだであろうという皮肉なオチだけは上手いと思った。


ところで今回ヒューイたちが能動的にやったことはヴァイオリンを弾いたことと、そのヴァイオリンを人に貸したことだけです。それだけで豪華なコンサートホールを一個潰してしまいました。ひどいバタフライ効果だ。


正直言って今回はED後にあった、書架の中の人とヒューイとの会話シーンだけで十分な気がする。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダンタリアンの書架 第10話 『幻曲』

近所迷惑です。公園で酷いバイオリンの腕を披露するヒューイ。お前はしずかちゃんか。普段はダリアンの罵声を言いすぎと思っていましたが、今回はいくら文句いっても良いと思う。「良いバイオリンなんだけど・・・」って問題はそこじゃないよヒューイ。 しかし調律が変な?...

ダンタリアンの書架 第10話 「幻曲」

演奏しようとした者は、皆不幸な死を遂げる幻曲。 ヒューイたちが出あった風変わりなクリスタベルが、それを演奏するという。 リサイタルに向かったヒューイたちだったが…。 ▼ ダンタリアンの書架 第10話 「幻曲」  ヒューイのバイオリンは本当に酷い音です?...

ダンタリアンの書架 第10話 感想「幻曲」

ダンタリアンの書架ですが、ヒューイのバイオリンにダリアンの毒舌もいつも以上に冴え渡ります。ヒューイのバイオリンを直して見事に演奏するカップルがいますが、ダリアンは「そこのへなちょこ寝癖、縄をとくのデス」とあだ名のセンスは、それなりのものです。(以下に続...

◎ダンタリアンの書架第十二話「幻曲」

ヒューイのバイオリンが下手でダリアンが怒る。ノコギリをひく練習なら山奥ですればいのです。そして、婦人がそれかしていう。クリスタベルがご迷惑をと男性がやってくる。これ壊れ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア