スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンタリアンの書架 第8話「等価の書/連理の書」

短編集、再び。

今回は少し繋がってる連作短編。


等価の書

交換を繰り返しどんなものでも手に入れられるという幻書のお話。一見するとたいした実害もなく解決した事件のように見えるが、よく考えるとむしろ何の解決にもなっていない。絶対、等価の書を手に入れたコレクターが新たに事件を起こすだろ。こういうところが投げっぱなしだと言われるんだ、この主人公たち。

物々交換を繰り返すカミラを追ってあちこちたらい回しに去れるヒューイたちがなんか笑える。

ダリアンは本当に釣り易いなぁ。お菓子を見せただけで態度をあっさり変えるし、誘導に簡単に乗るし。


連理の書

この事件は焚書官だったらもっとキレイに解決できた気がしないでもない。少なくともアルマンが一回死ぬ必要はなかった

それにしても連理の書ってどうにも効果に不明瞭な部分の多い幻書である。読むという説明や描写がなかった気がするけど持っているだけで効果があるんだろうか。だとしたら書である意味が。連理の書を持っているものたちは必ず恋人になるのか、それともアルマンたちは偶々ウマが合っただけなのか。もし前者だとしたら呪いのアイテムだよな、これ。

なんと言うか、こう、全体的にすっきりしない話であった。


さすがにもう短編二本立ては無いよな。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダンタリアンの書架 第8話 「等価の書/連理の書」

今回も二本立てです。 幻書って基本ワンアイディアの話だから ショートストーリーがあいますね(^^; 1つ目はカミラさん再登場の巻。 もう1つはアルマンの話…また女性からみですかw ▼ 「等価の書」 つけ髭でカミラさん登場w ダリアンは カタログに載...

◎ダンタリアンの書架第九話「等価の書」

家にカミラさんがやってくる。ダリアンが、とうとう髭まで生えてきたのですかというとヒゲをつけらる。どうせならもっとマシな土産いうと、あるわよとクッキーだす。ダリアンは、テ...

◎ダンタリアンの書架第十話「連理の書」

アルマンは、連理の書で彼女のリアンナができたが本から木が生えてしまった。もう一冊の連理の書の相手の彼女になってしまうらしい。そして、初めてあった日に結婚してください言わ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。