ダンタリアンの書架 第7話「調香師」

2週間ぶりの主人公。

やってることは、まぁ、今までどおりですね。


ヒューイ、ダリアンが行くところ人は死んで死体になり、建物は崩れたり焼け落ちたりして瓦礫になる。そして後には何も残らない、というのは流石に言い過ぎであるが事件が終わるころには大抵結構被害が出ている。今回もその点いつも通りと言うかいつも以上と言うか。

いつも以上に派手に死人が出た気がする今回の事件でヒューイたちが絡んだことによって及ぼした影響ってなんだろう。フィオナを商会の者から助けたこと、かな。その結果フィオナが商会を皆殺しにすることになったんだけど。やっぱり今回の被害はヒューイたちのせいだ。


揚げパンを台無しにされたので弁償させて、その後もネチネチと文句を言うダリアン。うん、食べ物を粗末にしてはいけませんよね。しかし、この揚げパンの話その後の展開と全く関係無かったな。


で、結局今回の幻書はなんだったの。自由ににおいを調合出来るようになる、という効果なのか。すごいようなそうでないような。まぁ、換魂の書よりはずっとマシだが。

換魂の書といえばフィオナは「一度幻書によって救われた者はもう一度は救われない」とか言ってたけど、この言葉は換魂の書で無限ループ出来たのと矛盾している気がする。でもこの言葉が間違いでないとすると幻書で治さない理由が無いし。よく分からない。


次回はまた短編二本立てか。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダンタリアンの書架 第07話 『調香師』

この匂いは!・・・嘘をついている匂いね・・・。どこのスタンド使いかと思いましたが、匂いで全てが分かってしまう女性フィオナの話です。 揚げパンを買いに来たダリアンとヒューイはとある女性の逃亡に巻き込まれてしまう。助けを求めるのはいいですが、揚げパン盗んじ?...

ダンタリアンの書架 第7話 感想「調香師」

ダンタリアンの書架ですが、ダリアンとヒューイの登場です。二人は評判の揚げパンを買いに来る田舎者ですが、「黙れ、小童!」とダリアンのデスマス口調の毒舌も絶好調です。 楽しみにしていた揚げパンは、逃亡中の令嬢というベタな存在に奪われます。(以下に続きます)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア