スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK-ゴシック- 第13話「愚者は己の代弁者を指名する」

ヴィクトリカ対錬金術師。

錬金術編・前編。かつてその名を知られた錬金術師の残した大仕掛けにヴィクトリカが挑む。


今回の話はまだ前フリの段階だしあまり言うこともない。が、一つだけ先に言っておく。今回の殺人事件はあまりにも無理がある、健全な常識を持った大人ならたとえ思いついても2秒で捨てるようなアイディアです。


やっぱり言うことはあまりないな。とりあえずこの作品は、真っ当な人間ならすぐに意味が分かる状況を無理やり謎めかして語る癖をやめてくれないかなぁ。映画に出ていたのとソックリの時計塔が現実にあるって、それはまずそこをロケしたとかそこをモデルにセットを組んだとか考えるのが普通だろ。

えーと他には、とりあえず錬金術は詐欺ってところ。他の物質を金に変える、不老不死、人造人間などは確かに実現不能な絵空事だがそれらを求めて物質を弄繰り回したのが現代化学の礎になっているのであり、錬金術の価値は決して一概に否定されるべきではないのだが。


EDのみ全面的に変更でOPはまるで変わらず。近年には珍しい状況。色々な人物が出て来る辺りで一人だけ(顔だけなのに)物凄くでかでかとしかも豪く悪人面で映ってる人がいてなんか笑える。別に悪人面ってわけではなく単純に厳つい顔のつもりなのかもしれないけど。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GOSICK-ゴシック- 13話

アブリルさん頑張れ。 というわけで、 「GOSICK-ゴシック-」13話 ブルーローズの巻。 たとえドタキャンくらってもめげない想い、折れないフラグ。 それどころか、早めに帰ってきて映画デート。 彼...

GOSICK -ゴシック- 第13話 「愚者は己の代弁者を指名する」

アブリルがいつもより多く出ています(笑) でもアブリルのターンはやっぱり来なかった(^^; 夏季休暇のうちに早目に帰ってきて一弥を映画に誘ったりしますが。 一弥はすぐにヴィクトリカのとこに行こう...

GOSICK―ゴシック― 13話『愚者は己の代弁者を指名する』 感想

若干のアブリル回。

(感想)GOSICK -ゴシック- 第13話「愚者は己の代弁者を指名する」

(感想)GOSICK -ゴシック- 第13話 「愚者は己の代弁者を指名する」 アブリルは一弥のことを思いっきり好きだったんですねw そんな浮ついた話の一方で、着実に動いているストーリーが・・・

GOSICK -ゴシック- 第13話 『愚者は己の代弁者を指名する』 感想

初っ端からアブリルに首を締められまさかの心中EDとなりかけた久城。 実はアブリルと一緒に映画を観に来たが途中居眠りをしてしまい、映画に恐怖するアブリルによって居眠りどころか永眠させられそうにな...

◎GOSICK-ゴシック-第13話「愚者は己の代弁者を...

アブリルとクジョウが映画を見に行く。アブリルさんのピンク色のワンピースがまぶしい。クジョウが、如何して予定より早く帰ってきたのか聞く。アブリルがクジョウをひっぱていく。...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。