スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 文庫版 第4巻「散りゆく者たち」

よくこんなこと考えたものだ。

川には怪獣、空にはギルガメッシュのUFO、そしてバーサーカーの魔改造した戦闘機。まるで意味が分からない。


キャスターの怪獣、これは別にいい。今までの設定、展開を踏まえて充分ありだ。ギルガメッシュのUFO、これもありかなしかで言えばまぁありだろう。状況をおかしくするのに一役買っていることは確かだが。だがバーサーカーの戦闘機、これはさすがにない。一応セイバーの『騎乗』スキルで自動車操縦が伏線になっていたのかもしれないが、それにしたってなぁ。


それはさておき今回はサブタイに偽りなく随分大量の死人が出た。ある者はあっけなく、ある者は凄惨でそれぞれ別の形で印象的である。総じて本人から見ればなんとも唐突で不本意な死に方だが。

しかし聖杯戦争に全く関係なく凶行を続け、死に方も「とりあえず怪しいから殺しとこう」程度の感覚であっけなく殺された龍之介が満足そうで、真面目に戦おうとしてたケイネスが無残極まりない最期って色々とひどいな。ひたすら暴れてただけのキャスターが今際の際に思いなおして、騎士道精神にあふれるランサーが不満しかない最期というのも同様。


ギルガメッシュは言峰との対話だけ見れば本当に英雄だと思う。言峰の抱える屈折を浮き彫りにし、聖杯の使い方について逆転の発想をする、と悪くないことしている。言峰の本性があれで、聖杯がああでなければの話だが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。