スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双星の陰陽師 第39話「慈愛の霊獣」

清弦たち家族についてのあれこれ。

引き続き前回からの続き。状況を何とかするため、敵のコアがあるところに乗り込んだ清弦、繭良親子の奮闘が中心。その頃、主人公コンビは外で倒し切れない敵の相手をしているだけであった。話の蚊帳の外っぽさがすごい。一応にも黒幕であった筈の闇無と直接戦うことになったり、その中で清弦の過去が少し明かされたり、繭良が代わりに白虎の力を使ったりと色々盛り上がっただけに落差がひどい。

尚、清弦の過去や繭良が白虎を使う件は原作にもあるネタのアレンジである、筈。基本的に独自路線を走りながら、偶にこういうことがあるから困る、このアニメ。さておき。わざわざ繭良の母親まで出して、この家族関連のネタとして一気に見せる編集のセンスは評価したい。


後、巨大なケガレを操る婆裟羅がことのついでのように倒された。こいつとの戦い、終始ことのついでみたいな描写だったな。いや、それはどうでも良い。これで町中を覆っていた怪物も、闇無の配下の婆裟羅たちも片付いた。話を纏めにかかっている感がある。豪く半端なタイミングだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。