スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双星の陰陽師 第38話「鳴神町最凶の日」

闇無の素顔。

記念すべき年明け一回目であるが、何事も無く前回の続き。良いですね、その淡々とした感じ。さておき。闇無の計画がなり、町が物理的に舞い上がったところからだ。そこから闇無がとった行動は、何故か双星の前に姿を現し、仮面を外し、これは遊戯なんだと言ってこれから起こることの説明をしたのであった。二重の意味で、闇無のことが分かったような煙に巻かれたような。

仮面の下は普通の人の顔。普通の人の顔であること自体が驚くべきポイント、というのは言われてみれば納得だが、少し気付き難いネタだな。それに、結局のところそれは隠さなければならない重要なことなのか。今まで周到に策を巡らし、狡猾に立ち回ったのに、いきなりお遊び気分で喋るというのは、そんな奴だったのかという気になる。これも比喩的意味で仮面がはがれたととるべきなのだろうか、それともこれこそが仮面なのか。


まぁ、しかし、状況は良い感じに大変であることよ。町が丸ごと空中に浮かんでいるというだけでも愉快なのに、その町を覆い、滅ぼさんとする巨大な植物めいた怪物。コアを倒さないと潰し切れないが、コアはその潰し切れないもので守られているというクソゲー具合。本当に愉快。とても決戦ムードがある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。