スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双星の陰陽師 第32話「混沌の中に」

双星の意義。

今回は半ば総集編。今まであったことを淡々と語る、いかにもな総集編だが、最終的にろくろは一つの疑問を口にする。既に十二天将やら何やらといった奴らがいる中、双星にしか出来ないこととは、という至極尤もな疑問を。確かに、話が進むほど十二天将や有馬が規格外なのが分かって来て、最強の子を産みだす最強の夫婦、というコンセプトは疑わしくなっていると言わざるを得ない。けれど、まさかこの点を作中人物が気にするとは。なんとなく、この不自然は無視するのだと思ってたよ。


婆裟羅、珠洲、再び。他に、巨大乗り込み兵器の人とか双子の片割れとかもちらちら出ていましたが、こいつは双星と相変わらずの異様なやり取りをしていたので特に強調をすべきであろう。まぁ、とりあえず、列島覇乱篇が良い雰囲気で終わったからと婆裟羅たちも投げっ放しにするようなことはないようで良かった良かった。しかし、改めて見ると、珠洲は婆裟羅としても異様さが際立っているな。まさか、全員踊り出す流れになるとは。というか、その尺が長いよ。

最後に闇無も少しだけ登場。龍黒点の騒動は終わったようで終わっていないらしい。まぁ、こちらとしては、闇無が健在かつ有馬が封じられた件がずっと有効な時点でそういう気はしていたので、特に意外性は無い。さておき。仮面を取り換えており、どうやら仮面をつけることにはよほどの意味がある様子。しかし、だとしたら何故今まで割れた仮面を放っていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。