スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lostorage incited WIXOSS 第6話「バトル/過去と現在」

すず子対千夏。

早くも二人の直接対決。


残りコインが一枚になったばかりのすず子であるが、ブックメーカーの差し金で千夏と戦うことに。前回の御影はんなとの勝負といいこれといい、最初こそセレクターではないのにセレクターバトルに深くかかわり、人間を弄ぶ邪悪存在っぽさがあったブックメーカーだが、ゲームに乗り気でないタイプの主人公を戦わせる舞台装置になっている感がある。ブックメーカーとはよく言ったものだ。

さて、千夏はブックメーカーのもとでバイトをしているのだという。仕事は、セレクターを新たにブックメーカーの管理下に置くためのスカウト役。ここで物語としては、千夏の振る舞いばかりが気になるところであるが、そこは措いておく。ひねくれ者として少し違うことを気にする。このスカウト役、仕事としてさも当然のように語られているが、実は今まで誰もいなかったのではないだろうか。少なくとも、物語開始時点から千夏に会うまではいなかった気がする。

スカウト役なんてものが最初からいるのなら、ブックメーカー本人が会いに行くのは妙。それに、自分からブックメーカーを捜していたすず子たちが中々会えないのも不自然。こう色々考えていくと、ブックメーカーが多くのセレクターを管理下に置いているという話が胡散臭くなってくる。


さておき。すず子と千夏との直接対決。戦いの中、、モノローグという形で視聴者にだけ明らかになったことだが、すず子が千夏に憧れて頼りにしていたけれど、千夏はすず子に愛憎入り混じった複雑な感情を抱いていたようだ。こういう、一見するとAという関係のようだが実は正反対と言うべきBという関係だったってネタを私は大好きだ。笑いが止まらない。

色々盛り上がった戦いであったが、第三者が近づいて水入りに。そんなのアリか。というか、今までバトルが始まると周囲は止まっているような演出だったが、あれはあくまで演出で、時間は普通に過ぎているのか。まぁ、その方が自然ではあるが。


そして、前回ラストで勝ち抜けにリーチを掛けた御影はんなだが、今回は特に出番がありませんでした。こうなったら、この人はもう勝利の先にあるものを見せる役柄だとしか思えないのだが、焦らすなぁ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Lostorage incited WIXOSS 06「バトル/過去と現在」

Lostorage incited WIXOSS 06「バトル/過去と現在」です

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。