スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双星の陰陽師 第31話「そばにいるから」

きなこの過去話。

アニメ版オリジナルと思えたきなこだが、原作でも最近登場を果たした。今月(二千十六年十一月九日現在)発売中の雑誌掲載の話では、このアニメ版とはいささか異なる内容の過去話が語られており、実際タイムリー。このアニメ、たまにこういうことがあるな。

さておき。きなこ視点での過去話は、それだけで良い話系のエピソードが一本作れそうなものであるけれど、実際には列島覇乱篇のエピローグっぽい雰囲気を出す一貫であった。何故ここできなこの話、と思ったら流れるようにエピローグらしい展開となるの、とりあえずは見事と言っておこう。さえの正体が明らかになった途端率先して犠牲とかどうとか言ってたろくろが悟ったようなことを言っているのに欺瞞を感じなくもないが、大した問題ではあるまい。それだけ納得したのだと受け入れよう。


しかし、綺麗に終わったような雰囲気に包んでるけど、色々投げっ放しでは、と気になっていたところ最後の最後で話が進んだ。さすがに、あれらについて押し切るわけではないようだ。良かった良かった。とりあえず、土御門御影さんは、自分がトップ代理になると言った時いかにも怪しげに描かれているので逆に怪しくないと思いますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。