スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lostorage incited WIXOSS 第3話「セレクター/蜜と毒」

会話をちゃんとしよう。

くだらなく聞こえることが意外と重要なこともある。


再びすず子メインの話。清々しいくらい千夏の出番は少ない。そして、代わりと言ってはなんだが、御影はんなの話が同時並行で進む。これも、あくまで同時並行、直接的絡みは最初に少し会話があるだけで後は完全に独立、というところが良い。最後の方、二人の描写が代わる代わる出てくる流れなどかなり私好みだった。


すず子は今回の対戦相手から、コインを全て失うと消える、ということの意味を聞くことが出来た。記憶だけでなく人格までもが無くなる、それが“消える”ということ。このような重大ごとの説明が無かったことについて、ルリグへ騙していたのかと問い、騙したわけではない、聞かれなかっただけ、という風にルリグが答えるのは前作オマージュだろうか。しかし、今回は掛け値無くルリグが正しい。“消える”なんて曖昧模糊とした言葉の意味を問い質さなかった方が悪いのだ。

人の話を途中で遮って、結果十分な情報が得られなかったため損をした、故に人の話は最後まで聞きましょう、との教訓が得られるという類の物語は腐るほどある。しかし、質問をしなかったのが悪いので、ここから怪しいことには質問をしろ、との教訓が得られるという話は少し珍しい。そして、興味深いのは、情報を話してくれた対戦相手は碌に話をしなかったため妹が消えてしまった、という過去を持つこと。こちらは至極ありふれた、人の話は最後まで聞けタイプ。まるで、両側面から、会話は大事であると語っているようだ。

今回の話が更に良く出来ているのは、同時進行の御影はんなの場面では対戦相手の話を断固無視すること。御影はんなは、負けても未だ余裕があるとか、消える前に会いたい人がいるとか、そんなようなことを理由にした命乞いに全く聞く耳を持たないし、逆にブックメーカーというキーワードの意味を聞けずじまいとなる。これ、後者(ブックメーカー)はさておき、前者については、消えないために金で勝負を買収することもあるというセレクターバトルの魔境ぶりを考えると、好判断だった可能性はある。いかにも悲劇っぽく語っていたのは遮二無二勝利を得るための策だったという可能性、あり得る。だから無視した、と。これによって、会話の重要性と同時に会話をしない重要性も描いている、というわけだ。


御影はんなに敗れた相手は、ルリグの居なくなったカードだけを持っていたが、ほどなくカード自体も消えた後、本人が動き出した。コインもルリグもセレクターの記憶から作られたのだから、記憶も人格も全て無くなったらそれに由来するルリグも消える、ということかな。そして、動き出したということは記憶も人格も失われたことで廃人になった、みたいなことではないのかな。いや、未だ分からんか。しかし、個人的に面白いテーマになるにおいがする。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LOSTORAGE incited WIXOSS TokyoMX(10/21)#03

第3話 セレクター/蜜と毒 ハンナにバトルを持ちかけられるがバトル拒否のすず子。しかしタイムリミットでもコインは消滅する。町で偶然セレクターと出会う。しかし彼はバトルをしない主義だった。カードショップに行けば情報が得られるかもと教えてくれる。 カードショップでセレクターと出会い、バトルを始めるすず子。ハンナは編集に記事を渡した後にバトルを求められる。すず子の相手は鳴海勝とルリグはあーや。見た...

Lostorage incited WIXOSS 03「セレクター/蜜と毒」

Lostorage incited WIXOSS 03「セレクター/蜜と毒」です

【Lostorage incited WIXOSS】 第3話『セレクター/蜜と毒』 キャプ付感想』

Lostorage incited WIXOSS 第3話『セレクター/蜜と毒』 感想(画像付) ああ、やっぱりセレクターでなくなると、ルリグに乗っ取られるぽいね。 本人はルリグにされちゃうのか? セレクターが男だと、中身が少女になるのか…嫌な設定だw あーやちゃん可愛いルリグなのに性格悪い! ルリグが主にルールを説明できないのは設定なのかな。 以下、感想はつづきか...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。