仮面ライダーゴースト 第41話「激動!長官の決断!」

イーディス長官の真意。

『ライダー』シリーズに珍しい、あまりマッドじゃないサイエンティストだ。


色々あってイーディス長官が人間の世界にやって来て、タケルたちと対面、ついに今までの行動や目的を語ってくれました。要するに、現在の眼魔の世界のシステムやガンマイザーを作ったが失敗だったり、裏目に出たりしたという。 只管完璧な世界のことばかり言って、妙に不穏に見えたこともありましたが、結果としてはやはり悪人ではない。清廉潔白とも言えないが、まぁ、世の中そんなものだろ。少なくとも、私は嫌いになれませんね。

作中人物、というか、アカリは、完璧な世界を作りたかったのは友人(大帝)のためではなく自分のためなのではないかと言って批判をした。この文句は作品のテーマを考えれば分かる。死んだ英雄の力を借りるぐらい人間関係を大事にする作品だからな。ならば、悪い奴というのは人間関係を蔑ろにする奴、というのは道理。従って人のためではなく自分の趣味のために動く輩は悪い、という理屈は分かる。

分かるのだが、それはそれとして。長官は自分の作ったもの、眼魔の世界のシステムやガンマイザーの失敗は受け入れているっぽい。その奥ゆかしさは評価したい。迷惑な奴というのは、自分の失敗や問題を受け入れず、それを指摘するようなものを敵だと見做すものだ。そういうタイプに比べて、失敗を認めているのがどれだけ素晴らしいか。


後は、今回も未だ続く、マコトとドッペルゲンガーとの戦い。ようやくタケルたちがその存在を認めたわけだが、未だ有効な展開は無し。まぁ、今回は、同じく全く同じ顔を持つ存在がいるイーディス長官をタケルが認めて、次回予告では、その同じ顔である仙人の正体が明かされるような煽りがある。ここから、次回で同じ顔を持つ者の秘密が一気に明かされる、その前振りだと思いたい。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーゴースト
ジャンル : テレビ・ラジオ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーゴースト 第41話「激動!長官の決断!」

第41話「激動!長官の決断!」 残された時間は19日。 タケルを救う方法が見つからず煮詰まるアカリ。

仮面ライダーゴースト 第41話「激動!長官の決断!」

仮面ライダーゴーストの第41話を見ました。 第41話 激動!長官の決断! マコトは自らのコピーと戦うたびに体力を失っていき、次第に焦りを募らせる中、タケルの命が尽きる日が近づき、アカリは焦りを募らせていたが、アデルがゲートを封鎖してしまったらしく、眼魔世界に行くことすら出来ずにいた。 「マコト、実は姉上との連絡が途絶えている」 「まさか、アリア様に何か!?」 そ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア