スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちにさようなら」

突然の悲劇。

亮悟に彼女が出来た。極めて優秀な陰陽師が失踪、死んだと思われたが、ケガレ堕ちになっており始末された。密接に結び付けることが容易そうな二つのネタが大して絡まず終わる、という何とも言えぬ奇妙な味わいを残すエピソードであった。

亮悟の話のようであるけれど、彼はケガレ堕ちの件と全くかかわらない。本来の主役であるろくろたちは、よく考えると終始特に何もしていない。といった風に、何もかもが突然で、脈絡がありそうでよく分からない。そこには一周回って一貫性があるような気もする。ある意味興味深い構成だ。


纏まり無く出た情報の一つに天若家のことがあるが、これはひょっとしたら原作の展開とのシンクロを狙っているのかもしれない。原作はこれから(二千十六年八月)小説の発売を控えており、それは清弦主役のスピンオフらしい。それ絡みで出てきた描写という可能性が無くも無い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。