双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀」

十二天将の実力。

そして、周りには怪しい陰謀。


シルエットで大量に集まっている、といういかにもな演出が施されていた十二天将。その一角が改めて、正式に出てきました。彼は斑鳩士門。そもそも十二天将とは、陰陽師の中でも特に凄い十二人であり、彼は十四歳にはその地位を得ていたという本当にすごい人、らしいのだ。というわけで、今回はそのすごさを見せつける話という面が大きい。視聴者に対しても、作中人物に対しても。

士門に対して事件の調査に行けと言ったり、かと思ったら急に戻って来いと言ったり、一貫性がまるでない支持を出しているの、話としては人物紹介になっているけど作中の現象としては意味不明である。と思いきや、作中においてもその強さのアピールをするのが目的だったという。ある意味見事な展開だ。しかし、それを何故そんな胡散臭い態度でやるのかが分からない。何か陰謀を感じてしまうぞ。


一方、正真正銘これぞ黒幕って感じの人も出てきました。顔をフードで隠している。またベタな演出だ。尤も、この場合は、今までに出ている意外な正体を隠す、という極めて真っ当な理由が付くようになってはいる。まぁ、気を付ければバレバレなんだけどな。


ところで、最初に、紅緒のことをすごいとか西の最強とか散々煽っていた筈なのだが、トップクラスの連中はまだまだ沢山いるという。下手にこういうことをすると、強さのインフレに飲まれたり、寧ろすごくない奴ってどんなのだ、とか言いたくなるところを本作はそういうのが一切ない人たち(亮悟など)を強調して、なんとかそのような印象をかわしている。それは少なくともここまでは上手く行っていると言って良いと思う。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【双星の陰陽師】 第5話『十二天将 朱雀』 キャプ付感想

双星の陰陽師 第5話『十二天将 朱雀』 感想(画像付) 十二天将の朱雀・斑鳩士門くん登場回。 同じくらいの年齢で強いやつを出して、ろくろに刺激を与えようってことですね。 と言うか、紅緒ちゃん以外はマスクをつける陰陽師いないのですね。 なんでヒロインだけマスクなんだよ… 女の陰陽師はマスクする決まりなんだろうか? 聖闘士かよ!w 以下、感想はつづきから ネタバレ含み...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア