スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双星の陰陽師 第4話「禍野の音」

思い出の品。

細かいところで手が込んでいて面白かったです。まさか、「家来にする」云々の思い出と明らかに一つ雰囲気の違う符とに関係があった、のみならず最後までその話題を使うなんて。全く読めなかった。無駄の無い完璧な構成過ぎる。


全体としてはごく普通に化け物退治、及びそれを通じて主要人物が親睦を深めることになる話。ベタである。主要人物が化け物退治を生業とし、また、ヒーロー、ヒロインが第一印象最悪のところから徐々に変わっていくタイプであるが故必然のネタでもあるが、ベタである。尤も、ベタが悪いとは言わない。終始こういう路線で行くのなら、それはそれでありだ。

そういえば、第一印象最悪のところから徐々に変わると言えば。実際に音声が付いてみると、化野紅緒っていちいちフルネームで言うのは相当の不自然があり、好感度の低さが感じられますね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【双星の陰陽師】 第4話『禍野の音』 キャプ付感想

双星の陰陽師 第4話『禍野の音』 感想(画像付) 戦う時のろくろは良いと、紅緒ちゃんもちょっとデレを見せてくれましたw 夫婦になるまで時間がかかりそうですね~。 ろくろを弟のように可愛がる兄貴分の亮悟さん、今週はもう退場かと思ったよ…。 星火寮の他の二人ももう戦わない方がいいような…いつ退場になるか心臓に悪いw 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意くだ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。