仮面ライダーゴースト 第19話「爆発!絵を描く心!」

芸術だから爆発と付ける安易なネタ。

なお、実際に爆発はしない。


描いた絵が現実に影響を及ぼし、現実が絵そっくりになるというドラえもんの道具めいた恐るべき能力を持った眼魔が現れた。しかし、タケルはあいつは他の奴とは違う気がするなどと意味不明の供述をして、これの打倒を拒む。などと与太っぽく語ってみたが、作中人物の前でも、視聴者の前でも、根は良い奴と思える描写が無いままヒーローが倒したがらない展開になるのは少し不思議である。この作品の性質からすると、世の中への不気味な影響があることを目の前でやってたら即刻殺しに行くと思うんだけどなぁ。

その役目を担うのがネクロムというかアランで、ここにまたも両者の対立が、という流れは見事ですけど。ここでネクロムが眼魔を倒し、番組の体裁としては、仮面ライダーの名で売り出している存在が怪人を倒しているという形を保ちつつ、作品内ではそれから単純に考えられるものとは全く違う意味合いを持たせる、というパターンと思いきやそうではなかった。眼魔は普通に生き延びた。これは少し興味深いですね。先述のパターンは一周回ってありふれたものになった気もするし。


個人的に今回一番面白かったのは、アランがたこ焼き屋で話しているところ。お互い全く話が噛み合っていないのだが、あまりに噛み合わな過ぎて、お互い全く気付くことなく話が進んでしまう。もうね、こういうギリギリの会話、大好きですよ。

ところで、アランはスペクターを操ったことをもって完璧な友と言っていたので、“友”という言葉の価値観が根本から違うのかと思っていたが、よく見るとそういうわけでもなさそうだ。そもそも、以前からタケルが友達だから何だからと言うたびに、何を言っているのか全く理解出来ないという意味の言葉で返していた。あれはまるっきりその通りの意味なのではないか。今回の絵を描く眼魔も友達になるということをよく分かっていないように見える。もともと眼魔の世界には“友”という概念が無く、故に曲解をしているということかもしれない。それはそれで価値観の違いが表されていて、面白い。


最後に、やや唐突に、弁慶との会話があった。橋という状況設定だけで弁慶ということが分かる。それはさておき。この人も良いことを言っている。しかし、実現は難しいぞ。というか、アイコンとの会話って本当にタケルの糧になっているんでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーゴースト
ジャンル : テレビ・ラジオ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーゴースト 第19話「爆発!絵を描く心!」

第19話「爆発!絵を描く心!」 ビルや御成の頭(!)が抽象画になってしまう不可思議現象が発生。

仮面ライダーゴースト 第19話「爆発!絵を描く心!」

仮面ライダーゴーストの第19話を見ました。 第19話 爆発!絵を描く心! マコトをネクロムスペクターに変え、その心を操りながら「これが完璧な友」と言い切るアランにタケルは「そんなのは友達じゃない」とアランと対立し、マコトを取り戻そうと決意を固める。 「人間が必要ない完全な世界だなんて私は絶対に認めない。あんなKMSに負けて堪るか」 「KMS?」 「完璧なるマッドサイ...

ゴースト 第19話 「爆発!絵を描く心!」

●仮面ライダーゴースト Noゴースト眼魂所持使用Gオレ○B闘魂ブースト○●01ムサシ○02エジソン○03ロビン○04ニュートン○05ビリー・ザ・キッド○06ベートーベン○07ベンケイ○●08ゴエモン○09リョウマ○10ヒミコ○11ツタンカーメン12ノブナガ13フーディーニ14グリム15サンゾウ ●仮面ライダースペクター ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア