スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暦物語 第6話「こよみツリー」

ある古木の物語。

今回のオチは、現実的に考えれば、木は最初からそこにあって意識されていなかっただけなのだが、急に話題になって以降突然現れたとされるようになった、だけなのだろう。しかし、絶対にそうだとは言い切れない。怪異だから信仰されるのか――信仰されたから怪異になったのか、である。この場合、信仰というのとは少し違うが、因果の怪しさは同様だ。

現実的に考えれば、元々そこにあった何の変哲も無い木が怪異だと思われただけ。けれど、姿を悟らせない木の姿をした怪異、なんてものを考えて何か不都合があるわけでも無い。そして、最後に阿良々木くんが言ったように、鍛錬する者を見守る怪異、という解釈によって生まれたにしてもまた別パターンのものかもしれない。人の認識があったのが先か木があったのが先か、怪異はあったのか無かったのか、あったとしてどんな性質か。解釈は幾らでも可能である。そんな無限の可能性を持った話があるということを認めよう、というのが今回から得るべき教訓かもしれません。


今回のエピソードは九月。九月下旬とされているが、実を言うと細かいデータは必要無い。夏休み最後から二学期最初の方に掛けての長い長い話は八月下旬頃の一週間程度。直江津高校は二学期が九月からではないのだ。その後は扇との初対面になる『終(上)』が一番時期が早いのだが、これが十月下旬。九月には本編が全く無いのである。なので、何時だって構わない。


おまけ。アニメ版用の厳密な時系列。

『傷物』。春休みの事件。三月二十六日から四月七日まで。

『暦』第1話『こよみストーン』。四月十一日。ラストシーンは翌日。

『猫(黒)』。ゴールデンウィークの事件。四月二十九日から五月七日まで。

『化物』より『ひたぎクラブ』。『猫(黒)』のラストシーンから直接繋がっていると思われる。

『暦』第2話『こよみフラワー』のエピローグ以外。五月九日、十日。『ひたぎクラブ』の直後。

『化物』より『まよいマイマイ』。母の日。定義上、五月十四日の筈。

『こよみフラワー』のエピローグ。十万円は未だ払っていない。

『化物』より『するがモンキー』『なでこスネイク』『つばさキャット』。

『暦』第3話『こよみサンド』。

『暦』第4話『こよみウォーター』。未だ戦場ヶ原に監禁されたことはない。

『偽物(上)』。

『暦』第5話『こよみウインド』のエピローグ以外。詐欺師の事件は終了済み。

『偽物(下)』。ミスタードーナツで貝木と話すところまで。

『こよみウインド』のエピローグ。

『偽物(下)』。残り全て。

『傾』。夏休み最後の日に始まり、エピローグで二学期最初の日(始業式)になる。

『猫(白)』。『鬼』とはほぼ同時期に始まり、以降『終(中)』までの裏話。先ず、羽川家が燃える。羽川は学習塾跡で眠る。

『鬼』のエピローグ以外。『傾』の最後から直に続く。二学期最初の日から翌々日まで。また、エピローグは大分後。先ずは、冒頭から以下の箇所まで。くらやみから逃れようとして知らない山に入ってしまっていたことを教えられる。ペアリングが切れていることを知る。「しんぱいすれな」のメールを出す(以上、八月二十二日の夜明け頃)。

『猫(白)』。目を覚ました羽川が戦場ヶ原に保護されるところから、戦場ヶ原が羽川の料理に驚きその性格の欠陥を糾弾する辺りまで(八月二十二日から二十三日朝)。

『鬼』。八月二十三日、どうにか山中の村に辿りつく。臥煙先輩の要求を聴き、くらやみについての説明を受ける。八九寺が成仏。神原を呼び出すメールはこの時期に出したと考えられる。

『猫(白)』。羽川が神原と出会う。神原は阿良々木くんからメールを受け取ったという。その後、羽川は阿良々木家に泊まることになる。

『終(中)』。『鬼』本編の最後から続く。これまたエピローグ(及び冒頭)は大分後。先ずは、神原と合流してから、名前の読み方が分からない公園を目指すも道に迷うまで。

『猫(白)』。阿良々木家にて眠った羽川に代わりブラック羽川が現れる。忍と接触、学習塾跡が焼け落ちたのを確認。

(ここに忍が説明した、猫との共闘の話があったのだと考えられる)

『終(中)』。ようやくたどり着いた公園で忍と合流。怪異を倒した後、北白蛇神社にて臥煙先輩から説明を受ける。説明終了後、臥煙先輩は一足早く神社を出る。

『猫(白)』。朝、羽川が目を覚ます。章番号が大胆に飛んでいる。登校中にエピソードや臥煙先輩と出会う。

『終(中)』。阿良々木くんが五千円持って買い物に向かう。初代怪異殺しとの決闘が決まる。

『猫(白)』。羽川が虎の正体を察し、戦いを挑む。

『終(中)』。羽川からのメールを受けて、阿良々木家に神原を向かわせる。再生死屍累生死郎を倒す。

『猫(白)』。阿良々木くんが羽川と虎との場に駆けつける。以下、最後まで。

『暦』第6話『こよみツリー』。

『終(上)』。扇との初対面。複数のエピソードからなり、作中でも数日経っているが、間に別のエピソードは絡まないので細かいことは割愛。

(千石が神になる)。該当エピソードはオチの性質上、どこからどこまで本当にあったことなのか不明なので、確実に言えることのみを記す。

『鬼』のエピローグ。扇がいる、八九寺との別れは四か月前だと語られている、以上の点からこの位置。

『恋』。千石の問題が解決。

『憑物』。

『終(中)』のエピローグ(及び冒頭)。三月十三日、阿良々木くんの受験当日の朝。
スポンサーサイト

テーマ : 〈物語〉シリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暦物語 第6話「こよみツリー」

第6話「こよみツリー」 時間は少し飛んで9月下旬。

物語シリーズ ファイナルシーズン 「暦物語 第6話 こよみツリー」

 今回は火憐回。

小説「暦物語(コヨミモノガタリ) #6 こよみツリー 西尾維新 著 講談社」ありがたや有難や、幸せの教典

「プラモ狂四郎」というマンガがあります。 いや、かつてありました…かな? わたしの年代の男子には伝説的なマンガです。 たぶん。 なんにせよ、わたしにとってはとても大切なマンガです。 何しろ、生まれて初めておこずかいで買った 単行本が「プラモ狂四郎 第5巻」…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。