スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーゴースト 第9話「堂堂!忠義の男!」

どいつもこいつも名字が長い。

なんで揃いも揃って、漢字三文字なんだ。


十年前、天空寺父は何をしていたのか。西園寺と共に共同研究者であり、その辺のことを知っていそうな人を見つけたけれど、口封じ気味に殺されてしまった、というお話。ありがち。『ライダー』シリーズで重要な情報を知っていそうな人が殺されるといえば『アマゾン』の第1話を思い出すよ。まぁ、そんなことはすごくどうでも良い。

個人的にとても引っ掛かったのが、名前だ。天空寺龍、西園寺主税、五十嵐健次郎。なんで皆名字が漢字三文字なんだ。五十嵐博士に至っては下の名前まで三文字あって鬱陶しいことこの上ない。実際何をやっていたかは知らないが、名前特に名字のせいで物凄く胡散臭い連中に見える。

さておき。何か知っていそうだった男、五十嵐博士。結局最後まで碌な会話が成り立たなかったわけだが、それ故何かとんでもないトリックが仕込まれていないか不安になる。例えば、友人が西園寺、裏切り者が天空寺だった、とか。いや、無いだろうけどね。だが、私はとても捻くれた男なのだ。何らかの引っ掛けの可能性を考えずにはいられない。


アランの周りに新手の人が突如登場。大抵陛下からアランの補佐をするように遣わされたらしい。大抵陛下はアランの父であるとも。大抵陛下という言い回しから話のスケールが突然広がった、という感もあるが、アラン周辺が組織立ってきたこと自体も気なる。今までは西園寺、アラン、スペクター、それぞれの立場が微妙にずれていたわけだが、これは事実上一つの集合だと見て良さそうだ。気になる変化だ。

それにしても、天空寺父たちは何をしていたのか。実は組織立って何かをしたいらしいアランたち。話が進むほど、事態は収拾がつくどころかどんどん混迷を極めていく。実に興味深い。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーゴースト
ジャンル : テレビ・ラジオ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーゴースト 第9話「堂堂!忠義の男!」

第9話「堂堂!忠義の男!」 10年前の事件(事故)の真相を知る人物が登場。 なかなか面白くなってきた。

仮面ライダーゴースト 第9話 「堂堂!忠義の男!」

仮面ライダーゴースト第9話「堂堂!忠義の男!」脚本 毛利 亘宏       監督 山口 恭平アランのお目付け役、ジャべルさん登場ベンケイ魂、爆誕でござるの巻 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。