スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終物語 第8話「しのぶメイル其ノ貳」

次々現れる異様な怪異。

伏線を張っているところであり、見た目は地味。


『終(中)』は、『物語』シリーズの一冊丸々一エピソードになっているものとしては、無駄が少なくエンターテイメント性が高いものである。しかしながらアニメ版は『終(中)』までで一クール使う、というか『終(中)』だけで六話使うという尺のせいで妙にもたついている。今回強くそれを感じた。殆ど会話ばかりである。別に話が進んでいないわけではないのだが、そう見えたとしても仕方ない。

今回の話とは。迷い牛即ち八九寺を思わせる道に迷う現象。忍が猫や斧乃木との共闘で倒したという猿。そして、ラストシーンで現れた者。といった感じで今までのシリーズで見た怪異たちを思わせる怪異の出現、ということだ。まるで東映特撮番組の再生怪人軍団だ。いや、再生怪異軍団というべきか。東映特撮はこのネタを全く有効に活かさないのが特徴であるが、冷静に考えれば今までの総決算という感じに使えるわけで、ネタ自体はいかにもおいしいでしょう。

この場合厄介なのは、最初がよりにもよって迷い牛と同様の現象だったため、映像作品には全く向かなかったことだ。見た目がすごく地味で分かり難かった。更に、作中人物が「かつての焼き直しのごとく、似て非なる怪異に」出会うことを不審に思う描写が原作にはあったのだが、何故か削られたため、察しが悪いとそういう事態なのだということにも気付くまい。こちらは単純な不手際という気もする。


そういえば、忍が猫と共闘したというくだりがどういうことだったのかを知りたい気持ちは、未だに少しだけある。『猫(白)』でのブラック羽川パートは学習塾跡が焼け落ちているのを確かめたところで終わり、後は大胆に時間が飛んでいた。『猫(白)』と同時並行となるエピソードは遅々としてそこまで話が進まず、ようやく『終(中)』でそこまで行くかと思ったら台詞による説明だけで済まされてしまった。そこをこそ具体的に知りたかった、という気持ちは少しある。『終(中)』全体が鬱憤を晴らすほど面白かったので、本当に僅かですがね。


おまけ。アニメ版用の厳密な時系列。

『傾』。夏休み最後の日に始まり、エピローグで二学期最初の日(始業式)になる。

『猫(白)』。『鬼』とはほぼ同時期に始まり、以降『終(中)』までの裏話。先ず、羽川家が燃える。羽川は学習塾跡で眠る。

『鬼』のエピローグ以外。『傾』の最後から直に続く。二学期最初の日から翌々日まで。また、エピローグは大分後。先ずは、冒頭から以下の箇所まで。くらやみから逃れようとして知らない山に入ってしまっていたことを教えられる。ペアリングが切れていることを知る。「しんぱいすれな」のメールを出す(以上、八月二十二日の夜明け頃)。

『猫(白)』。目を覚ました羽川が戦場ヶ原に保護されるところから、戦場ヶ原が羽川の料理に驚きその性格の欠陥を糾弾する辺りまで(八月二十二日から二十三日朝)。

『鬼』。八月二十三日、どうにか山中の村に辿りつく。臥煙先輩の要求を聴き、くらやみについての説明を受ける。八九寺が成仏。神原を呼び出すメールはこの時期に出したと考えられる。

『猫(白)』。羽川が神原と出会う。神原は阿良々木くんからメールを受け取ったという。その後、羽川は阿良々木家に泊まることになる。

『終(中)』。『鬼』本編の最後から続く。これまたエピローグ(及び冒頭)は大分後。その時点はネタバレなので今は言わない。先ずは、神原と合流してから、名前の読み方が分からない公園を目指すも道に迷うまで。

『猫(白)』。阿良々木家にて眠った羽川に代わりブラック羽川が現れる。忍と接触、学習塾跡が焼け落ちたのを確認。

(ここに忍が説明した、猫との共闘の話があったのだと考えられる)

『終(中)』。ようやくたどり着いた公園で忍と合流。←今ここ

『猫(白)』。朝、羽川が目を覚ます。章番号が大胆に飛んでいる。以下、最後まで。

『終(上)』。扇との初対面。複数のエピソードからなり、作中でも数日経っているが、間に別のエピソードは絡まないので細かいことは割愛。

(千石が神になる)。該当エピソードはオチの性質上、どこからどこまで本当にあったことなのか不明なので、確実に言えることのみを記す。

『鬼』のエピローグ。扇がいる、八九寺との別れは四か月前だと語られている、以上の点からこの位置。

『恋』。千石の問題が解決。

『憑物』。
スポンサーサイト

テーマ : 〈物語〉シリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終物語 第8話 「しのぶメイル 其ノ貮」 感想

幼女と童女…何が違うんだろう?

終物語 第8話「しのぶメイル 其の貳」

第8話「しのぶメイル 其の貳」 召し上がれ!!

【終物語】 第8話『しのぶメイル 其ノ貮』 キャプ付感想

終物語 第8話『しのぶメイル 其ノ貮』 感想(画像付) 私はいつでも阿良々木先輩からの頼みにこう答えるまでだ。 召し上がれ💛 いつでも受け入れオッケーの神原さん(笑) ロリ可愛いしのぶちゃんとの再会もあり♪   斧乃木余接に救われた暦は、臥煙伊豆湖と約束した公園を目指すが、怪異により道に迷う。 臥煙に相談すると、同行してる神原駿河に助けて貰えと言うが…。  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。