スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーゴースト 第6話「運命!再起のメロディ!」

音楽(物理)。

ハイハイ、どうせそんなことだろうと思ったよ。ベートーベンの能力はこれが異能バトルものの漫画、アニメ、ラノベなら敵怪人の使った音を消すとか或いは聴覚を断つとかが相応しかっただろう。しかし、仮面ライダーがそんな地味というか、直接戦闘で分かり難い能力を使うとは思い難いので、必然的にこういう風になるだろうとは思ってた。即ち派手なだけで意味や必然性のまるで分からん能力になるだろうと。


スペクターが実際謎めいている。今回はゴーストを殴り倒して実質アランたちを手助けしただけで終わっており、意図が全く読めない。なにせ知り合いの筈のアランからして、何がやりたいのか分からなくなったと言っているぐらいなのだから、この意味不明さは相当である。興味深い。敵か味方か、などと言って読者視聴者の興味を煽るスタイルはよくあるけれど、作中の知り合いにも分からないというのは少し珍しいかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーゴースト
ジャンル : テレビ・ラジオ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーゴースト 第6話「運命!再起のメロディ!」

第6話「運命!再起のメロディ!」 スペクターに眼魂を奪われ、残り45日で12個の眼魂を集めなければ本当に消えてしまう。 ハードモードになって来ましたね~ スペクターの圧倒的な強さと停滞する眼魂集めにスランプに堕ちるタケル。

仮面ライダーゴースト 第6話「運命!再起のメロディ!」

仮面ライダーゴーストの第6話を見ました。 第6話 運命!再起のメロディ! 「タケル、新しい依頼よ…あれ?いないんだ…」 タケルの姿が不知火を使ってもアカリに見えなくなってしまっていた。 「え!?おっちゃんは見えてるのに!?」 「タケルのメンタルの問題だな」 「どういうこと?」 「不安や恐怖を抱えていて、姿を現せないんだな」 青年音楽家の周辺で音が消える不可思議...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。