スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Charlotte 第2話「絶望の旋律」

サプライズド・弓道場。

やっぱり、最大のゲスはこの会長だろ。


会長たちが強引にでも能力者たちを星ノ海学園という一つ所に集めようとするのは、能力が世間の科学者たちにばれれば大変ひどい目に遭わされて人生が終わりになるからだという。ほほう。それが本当だとするならば(そして今回の話を見る限り本当である)なおさら、人を罠に嵌めて、陥れ、脅迫するなんて真似は必要ありませんな。最初からすべてを話して相手を諭せば良い。邪悪な罠や暴力行為は最終手段とすべきだ。そうしていない時点で、会長自身がゲスなのだとしか思えません。

他にも、列車内で堂々と食事(しかも熱と煙との立ち込めるものだ)をとるような傍迷惑さも見せており、会長の人間性は一片たりと擁護出来る余地が無い。確かに、有宇はゲスな男であった。それに対するインガオホーがあるのも理屈として納得はできる。しかし、ならば明らかにそれ以上にゲスで、最悪のクズである会長にもインガオホーがあるのが筋ではないのか。兄が能力に目覚めたばかりに廃人になった? 能力故に友人がいない? そんなかわいそうな過去がたくさんある? 知るか。現在進行形で重ねている罪に対してスカッとさせろ。

というかね、能力故に友人がいない? あまりに見え透いた当たり前の展開だろ。何を衝撃の事実みたいに言っているんだ。むしろ、有宇が何故そういう反応に出ないのかの方が不思議だよ。


あと、瞬間移動の人、お前も能力使うのを自重しろよ。周囲への損害が不可避なんだから。少なくともパンを買う程度で使うべきではない。仮に使ったとしても、迷惑な結果を詫びるべきではないのか。作品自体にこの点を気にしている様子が全く見えないあたり、この人も会長とはまた少し違った感じにおかしい。


明らかに問題行動なのにまるで咎められない奴に囲まれた結果、有宇が相対的にゲスではないように見える。というか、今回は特にゲスな行動や思考をしていないような。はたして、ゲスな主人公、という煽りは何だったのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。