スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルドノア・ゼロ 第13話「眠れる月の少女」

およそ考えうる限り最もくだらない手を使ったな。

とりあえず、この一言に尽きる。初っ端から失望を禁じ得ないよ。


普通に前回ラスト反復の形で始まったと思ったら、唐突に十九ヵ月後などと言い出した。そして、スレインが火星騎士になっていて、アセイラム姫が生きていて、伊奈帆が生きていた、あとザーツバルムも生きていた。まぁ、アセイラム姫生存は偽装で、他の皇女が変装しているらしいけど、結局最後で本物も生命維持装置に入っていることが分かったのでやはり生きていると言って間違いではない。伊奈帆やザーツバルムは特に何の説明もなく、治療の一点張りで終。

一言で言って、ふざけてますね。モブはゴミの様に殺すが、主役級はどんなに悲惨なことがあっても殺さない作劇、その典型。それだけならまだしも、アセイラムの死ぬ死ぬ詐欺がこれで三度目になるというのも印象が悪いし、いっそのこと主要人物を一気に減らして話の方向性をリセットを図るつもりなのかといえば、そういうわけでもない思い切りの悪さも印象悪い。

そして、ここまでならまだギリギリ我慢も出来るのですが、現在地球側がデューカリオンのアルドノアを操れる理由が伊奈帆、その理由が……というところで我慢が限度を超えた。まさか、本気でその理由(人工呼吸で唇を合わせたときに云々)で行くつもりじゃないよな。そんな健全な読解力があれば誰でも0,5秒で考えられるような理由。それは誰でも考えつけるが故に逆に無い引っ掛けだろ。

期待外れ甚だしい、最もくだらない手と思った展開は他にも色々あるが、この辺でやめておく。いきなり不毛だ。


アルドノアといえば、かつてはクルーテオの機体で今はスレインが使っているタルシスの能力が本気で分からない。クルーテオには過ぎた機体だということだが。やたらと攻撃が当たらないことが強調されているので、それが能力にかかわっているのだろうか。公式サイトでは高い機動性を誇ると書かれており、実際スピード感ある動きをしているようだが、それだけでは足りないだろう。未来が見えるとか時間を止められるとか? ぶっ飛びすぎだな。そもそも時間が止まったらワープのように見える筈。周囲の認識の方が狂ってる、という可能性。これは行き過ぎるとただのご都合主義になるのであまりやって欲しくないなぁ。

今回の火星騎士。ヤーコイム男爵の“氷結のエリシウム”。これは強い。まさに「超低温は全てを止める」。今まで出た連中の中ではニロケラスの無敵バリアの次ぐらいにすごい能力だったね。そうそう負けるとは思えないし、実際何故負けたのか全く理解出来ない。ところで、これは理論上光は止められない筈なので光学兵器は当てられたのではないだろうか。光学兵器があったかどうかは知らない。
スポンサーサイト

テーマ : ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルドノア・ゼロ 第13話『眠れる月の少女 —This Side of Paradise-』 キャプ付感想

アルドノア・ゼロ 第13話『眠れる月の少女 —This Side of Paradise-』 感想(画像付) 第2クール開幕! 生きていたイナホくんは、義眼装備でアルドノア発動能力を持って登場。 姫に裏切られたと思ったスレインくんは火星側に走り騎士となっていた。 ザーツバルムも生きてるしw そしてアセイラムは眠らされています…ご機嫌良くないよ、スレイン!  

ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ- 13「眠れる月の少女 -This Side of Paradise-」

ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ- 13「眠れる月の少女 -This

( ˘ω˘)スヤァ姫を独り占め? ~ALDNOAH.ZERO EP13: 眠れる月の少女 —This Side of Paradise—~

あらすじ(公式HPから抜粋)

アルドノア・ゼロ BS11(1/10)#13新

第13話 眠れる月の少女-This side of Paradise- 19か月後、サテライトベルトで火星の騎士として カタクラフトで戦うスレイン。スレインは優秀で4機も破壊する。アセイラム姫は火星騎士による、地球侵攻を 宣言していた。スレインはザーツババルム伯爵に仕えて、騎士となっていた。既に北米と南米はヴァース帝国に落とされていた。レムリナ姫に報告するザーツバルグとスレイン。エデルリッゾ...

アルドノア・ゼロ #13 「眠れる月の少女」

気になる主人公死亡エンド(?)からの後半スタート。 「アルドノア・ゼロ」の第13話。 アセイラム姫様と伊奈帆がヘッドショットを食らった前期のラストから19ヶ月後。 先頭の場は宇宙に広がり火星軍の輸送船を襲う地球連合軍のカタクラフト。 颯爽と現れて地球軍を全滅させる火星型カタクラフトのタルシス、パイロットは あのスレイン。ただし「サー」の称号を受けている様子。 地球を荒らす人類...

【2クール目スタート】『ALDNOAH.ZERO』13話感想(正直『全員生きていた』ことには違和感はありますが、それ以上に面白い内容になりそうで期待できそうです)

    感想 : 全員 生きてたぜ!     う~ん…1クール目最後に 3人(伊奈帆・アセイラム・ザーツバルム)とも射殺 されたと思ったんですけど、よく あの状態から生存 できたなぁ…   完全に 『BAD END』な1クール目ラスト で頭が混乱していましたが、まあこの展開は 予定調和 か… ...

おかえり、伊奈帆/アルドノア・ゼロ13話他2015/1/12感想

<記事内アンカー> 探偵歌劇 ミルキィホームズ TD 第2話「パーフェクト・フール」 アルドノア・ゼロ 第13話「眠れる月の少女」  そうだった、アルドノア・ゼロの感想=エントリ最初の画像は韻子で固定なんだった。

アルドノア・ゼロ2 第13話

前回の戦争から、1年半後の物語なのですね。 みんなほとんど生きているようで良かったです。 ただ、重傷を負ったアセイラム姫(CV:雨宮天)だけは、いまだに意識が戻らないようですが・・・ 韻子(CV:小松未可子)は、つかの間のお休みを楽しんでいました。 ライエ(CV:三澤紗千香)もいつの間にか、戦闘に参加していましたね。 次は生きて帰れるかわからないと言う韻子に、死...

アルドノア・ゼロ 第13話 『眠れる月の少女 -This Side of Paradise-』 サー・スレイン・トロイヤード!?

スレイン、スザク並みの大出世。いよいよ分割2クール目が開始した「アルドノア・ゼロ」。1クール目レビューしてませんが、今回からレビュー開始します。レビューを決めた理由は12~13話の流れに納得したからです。 のっけからスレイン登場、まさかのサー持ちに。よりにもよって姫殺害しようとしたザーツバルムに取り行った結果の様で。敵国で虐げられていた人物がまさかの騎士に。ここらへん「コードギアス」のスザク...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。