仮面ライダー鎧武 第45話「運命の二人 最終バトル!」

戒斗の求める強さ。

納得したよ。それがあなたの望みか。


いよいよ本格的に最終決戦突入で盛り上がる。結果わりと真剣に前回の話は必要なかったのではないだろうか。それどころか、言い訳の効かない不自然な描写が増えたのではないだろうか。そんな風に思ってしまうところもある一回でした。

戒斗や最後の方での紘汰が率いるインベスが何十体もいるのはさすがに耐えられない。そういうのあるんだったらなんで、前回の戒斗はインベスを二体しか呼ばなかったんだよ。あのシーン、私は必死で、ストーリー上は王を名乗るに相応しく大量のインベスを率いておりアーマードライダーはその数に押されている、ただ製作者のセンスや技術が追いついていないだけなんだ、と脳内補正を掛けてたんだが。途中でインベスが随分増えたことを語る台詞があった、と言おうにも紘汰はクラックから呼び寄せてるからその言い訳も効かない。

ナックルの裏切りも滑稽なほど無意味な部分の多いネタだ。かつては戒斗の太鼓持ちとしてバカやってたような奴が戒斗へと戦いを挑み、最後には強くなったことを認められる。重要なのはこのようなストーリーぐらいであり、爆殺未遂なんて全く必要ない。湊耀子の死因は別のイベントに合併できる。


などと不満を撒き散らしたが、最終戦(たぶん)としては中々良し。前回の最大の不満店であり、前回が要らなかったのではと思える理由は、戒斗の望む新世界について詳細が明かされないまま一方的に悪役にされて戦いが始まったことだ。それが抽象的ではあるが語られ、色々な意味で納得行くものであったと言える。そこが良し。

戒斗の望むものについて考える前に、そもそも彼の思想信条、主義主張について整理してみよう。とは言っても、それはとても単純で、強いことにこそ価値があると思い、常に強くなること、強くあることを求めているというものなのだがここに一つ誤解が生じ易い。力こそ正義と抜かし、自分さえ良ければそれで良いとばかりに他人を踏みしだく、そういうよくある悪役(本作でもフェムシンムがそうだ)の同類であると思われ易いのだ。

だが、これは事実に反する。戒斗の考えはむしろそのような三流悪役に対するカウンターである。弱者に対してはもっと強くなれと言い、強者に対してはその価値を認める、場合によっては敬意を払いもする。強さが価値だとはいえ、弱者を切り捨てるわけではなく、むしろそのような暴虐は嫌うところであり、そのような者に抗うために強くならなければと考えている。また、その強さに多様性を認めてもいる。尤も、以上は敵対関係でなければの話で、敵対者相手は弱かろうが強かろうが基本的に戦うだけである。

いずれにせよ、だ。強さという価値を信奉する戒斗という人物のコンセプト、ストーリーラインはごく初期の頃から完成されておりずれたことはほぼ無い、と思う。人間的成長を経て歪んだ理念が是正されたとか、自分さえ良ければそれで良い未熟者が他人を認められる器を持ったとか、そういうありふれたストーリーは彼には一切無い。彼は彼のままここまで来たのだ。

ここまでは戒斗を考える上での前提である。かような考えを持つ戒斗がユグドラシルもフェムシンムもいない今、更に破壊を重ねて代わりに築こうとしている新世界がいかなるものか、私には全く想像がつかなかった。しかし、言われてみれば大いに納得行く、と言うかそれしか無いようなものであった。

弱者が踏み躙られない世界。なるほど、戒斗の望みは突き詰めるとそうなるのだろう。同時に、虐げるのを当然とする既存の者を皆殺しにするという極端すぎる途中過程の思考は到底受け入れられるものではなく、これは抗うのも当然と頷ける。戒斗の望みとしても最終戦のテーマとしても実際相応しい。


まぁ、最終戦最終戦と繰り返したけどどう考えてもこれで終わりではないよな。そもそもサガラ≒ヘルヘイムに一泡吹かせてもらわないと到底気が済まないけど、全くそういう流れにならないどころかこの期に及んで出番が無かったぞ。予告には出てたし、今度こそ痛い目に遭って貰いたい。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダー鎧武 第45話「運命の二人 最終バトル!」

仮面ライダー鎧武の第45話を見ました。 第45話 運命の二人 最終バトル! 鎧武のガレージでは紘汰を中心に城乃内や凰蓮達がロード・バロンに変身する力を身に付けた戒斗に脅威を感じていた。 「今の彼は怪我人がどうにかできる強さじゃないわ」 「もう傷は治りかけているのに肝心な時に痛みで動けなくなるんだよな」 「っつうかさお前、傷の治り方早過ぎねえ?」 「まぁコイツのせい...

今日の仮面ライダー鎧武 第45話

「運命の二人 最終バトル!」 戒斗とザックの裏切りを信じられない思いでいるペコの前にザックがやってきて、凰蓮にと手紙を渡します。 鎧武のガレージでは紘汰の傷の手当てをしながら、戒斗の変化について話あいます。 凰蓮は戒斗がヘルヘイムの実を食べたのかもしれないと推測しますが、そうなると理性を保っている説明がつかないと不思議がります。 紘汰は戒斗が本気で世界を作り直すつもり...

仮面ライダー鎧武 第45話

仮面ライダー鎧武 第45話 「運命の二人 最終バトル!」。双方とも指揮官陣頭に在りということらしい(苦笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。

仮面ライダー鎧武 第45話「運命の二人 最終バトル!!」

第45話「運命の二人 最終バトル!!」 ザック株爆上げ! Aパートは完全に主役交代してましたね。

仮面ライダー 鎧武 第45話「運命の二人 最終バトル!」

仮面ライダー鎧武/ガイム 第九巻 [DVD](2014/10/17)佐野岳、小林豊 他商品詳細を見る  湊耀子の死亡に驚きました。生身なら分かるのですが、仮面ライダーマリカの状態でしたからね。爆風に吹き飛ばされて、高層ビルディングから落下した。仮面ライダーなら難なく生き残れるというイメージがありましたよ。打ちどころが悪かったと解釈しておきます。生身でしたら、死体が放映不能な状態になっていた...

仮面ライダー鎧武 45話 「運命の二人 最終バトル!」

世界を滅ぼそうとする戒斗の暗殺を計画したザックは、小型爆弾を起動させようとした動きを耀子に悟られ、失敗。 バロンに倒される。 マリカに変身した耀子は、戒斗を助けたもののビルから転落。 ただ1人の味方だった耀子を失くした戒斗は、同じくオーバーロード化した事を仲間にカミングアウトした紘汰と、大量のインベスを引き連れて激突。 最後の決戦が始まった。 ザックは死んでないかもしれない...

仮面ライダー鎧武 第45話 感想

仮面ライダー鎧武第45話 「運命の二人 最終バトル」 ザックから凰蓮への手紙を預かったペコ手紙の内容は[爆弾の作成依頼]世界を滅ぼそうとする戒斗を止める為仲間を裏切る苦しみを噛み締め戒斗の元へ。あれ?ザックが主人公でしたっけ? 戒斗と話し彼の決意が揺るがない事を悟ると小型爆弾をセットし起爆させようとしたがザックの不審な動きを察知した耀子が変身し身を挺して戒斗を守りビルから...

仮面ライダー鎧武 第45話「運命の二人 最終バトル!」★マリカ=湊耀子(佃井皆美)が戒斗を庇って…

仮面ライダー鎧武 第45話 「運命の二人 最終バトル!」 戒斗(小林豊)の味方のふりをしてたザック(松田岳)。 世界を滅ぼそうと暴走する戒斗を止めるため、ペコ(百瀬朔)を介して凰蓮に爆弾の製造を依頼する手紙を密かに託します。 −◆− 夢の中で舞(志田友美)と出会う戒斗。 ご神木の前で舞は「こんな形でしか今は話しかけることができないの。」 戒斗「死んだわけではなく...

仮面ライダー鎧武/感想/第45話「運命の二人 最終バトル!」(ネタバレ注意)

 『仮面ライダー鎧武(ガイム)(公式サイト)』、第45話「運命の二人 最終バトル!」の感想です。  ネタバレ注意です。

仮面ライダー鎧武 第45話「運命の二人 最終バトル!」

仮面ライダー鎧武 第45話「運命の二人 最終バトル!」

仮面ライダー鎧武 #45.

「運命の二人 最終バトル!」 「何者にもならなかったお前たちに」…生存戦略www

コメントの投稿

非公開コメント

なんだそれw
プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア