スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルドノア・ゼロ 第10話「嵐になるまで」

古代、火星には空気も水もあった。

あまりにくだらなすぎて、その発想は無かった。


ザーツバルムによると、元々火星には、少なくともアルドノアを用いた古代文明の頃には、水も空気も十分にあったが現在は殆ど無いから地球からの移民が住むのには限界があった。しかし二代目皇帝がアルドノアを妄信して、技術の発展ばかりを進め、不平の矛先を地球に向けるよう誘導した、という。火星古代文明の一端が明かされたと言えなくもないが、あまりにくだらなすぎて、逆に予想外だ。

火星には大気も水も碌に無く、生物が生まれる環境ではない。これはもはや常識だ。だから、まともな人間ほど火星人がやって来るというSFは殆ど書かなくなった。火星に生物がいるとするならそれは、テラフォーミングされた火星の住人、というのが主流だ。然るに、この作品は古代文明があった即ち太古に知的生物が居たのだという。一体、そこにどんなトリックを打ってくるのかと思ったら、“昔はあった”。くだらないというか安易というか単純というか。いずれにせよ想像もしなかった、したとしても真っ先に切り捨てたであろう可能性であった。

また、ザーツバルムはクルーテオの死後、その機体の回収をしていたようだ。ザーツバルム曰く、クルーテオには過ぎたおもちゃ。よくある流れとしてはこれをスレインが手に入れ、今回の最後に始まった決戦で暴れるというものが思いつき、実際その展開は見てみたい。また、大尉の回想に出ていたカタフラクトがデューカリオンのアルドノアを本来持っていたもので、同時にザーツバルムの婚約者のもの、という繋がりを持って出てきたりもした。ここまでわざとらしく引っ張ったクルーテオの機体が全く詳細不明で終わるとは考え難い。

しかしながら、アルドノアは権利者以外動かせないという単純ながら巨大な壁が立ち塞がる。王族同様アルドノアを自由に動かせる権利がある人だった、とか言い出せば良いと考える者もいるだろうが、それにしたってアルドノアは権利者以外動かせないと言うのは作中人物には疑う必要無き大前提なのである。誰が王族と関係ない身でアルドノア搭載機を動かそうと考えるだろう。この辺、筋の通った描写を望みたいものだ。ふと、ここまで言って気付いたのだが、ザーツバルム軍はどうってクルーテオの死後アレを持ち出したのだろう。あんな、明らかに重厚なものを。

ザーツバルムはあと、見事ロシアに辿りつき満を持して公に情報を公開し停戦を呼びかけるアセイラム姫の演説を握りつぶすことに成功した。これは良い意味で、単純すぎて予想しなかった展開だ。なんとなく、ロシアに行くまでの旅路が物語で、辿りついて情報公開をしたら一件落着になる流れだと思い込んでいた。よく考えると、別にザーツバルムがこの情報が流れるまま放っておいた挙句話に応じる必要は全然無いからな。そして、アセイラム姫の居た位置の特定に成功。逆にその場へ向けて襲撃をかける。いわば、完全にカウンターを決めた格好だ。実に盛り上がってきた。


一方、ライエがアセイラム姫を殺した件。一応、物理的にはちゃんと死んでいて蘇生処置で甦ったと言うのは良し。処置の描写も説得力があるものに見える。ただなぁ、事件の動機ともなってくるライエの発言が色々幼稚過ぎる。登場人物各位に考え方を振り分けてそのような考え方が向うところを描く類のやり方であることや、作中でもまだ若い年齢であることを差し引いても、あまりにひどい。あまりにつっこみどころが多過ぎるので逆に突っ込んだら負けなのではと思うぐらいだ。

ただまぁ、ライエ本人の発言ではないがこれだけはつっこませて頂きたい。事件の後にライエに対して伊奈帆が言ったこと。地球か火星人かが問題なのではなく云々。利害が一致しているから行動を共にするということなのだろうが、そういうことは普通未だ実害が無いうちに言うものだと思うのだが。あらゆる意味で地球側の中心とするべきアセイラム姫の殺害という大事件を起こした後であんなやり取りをされてもずれているというか。
スポンサーサイト

テーマ : ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もういいんじゃない?/アルドノア・ゼロ10話他2014/9/7感想

<記事内アンカー> 残響のテロル 第8話「My Fair Lady」 アルドノア・ゼロ 第10話「嵐になるまで」  まだだ!まだ意地でも1枚目は韻子を(ry  艦これ、暁がレベル65に到達。これで東京急行(弐)の旗艦役ができる。これまでは龍田(レベル80)が引っ張ってきてくれたわけですが、ちょっとした卒業式気分というかなんというか。時雨ちゃんのように改二があるわけでも...

アルドノア・ゼロ 第10話「嵐になるまで -Before the War-」 キャプ付感想

ザーツバルムに救われたスレイン。 火星側に残るのか、地球側になるのか? 波乱の人生を歩んでますね。 素性を明かしたライエも…。    命をとりとめたアセイラムを乗せ、デューカリオンは地球連合本部に到着…。 火星に向け停戦を呼びかけるが、月も掌握してるザーツバルムに情報は握り潰される。  

「アルドノア・ゼロ」の人工呼吸の描写からわかるクールな作風について

「アルドノア・ゼロ」を10話を見ていて、前々から思っていたが この作品はクールな作風、感情表現が抑制されてる作品だと改めて思った。 例えば、人工呼吸のシーン。 伊奈帆は前回絞殺されたアセイラム姫に対し 感情を前に出さず淡々と人工呼吸を行う。 人工呼吸という盛り上がりそうなシーンを作っても、 伊奈帆が感情をわかりやすく前に出さないキャラであるため 落ち着いた画面・...

アルドノア・ゼロ TokyoMX(9/06)#10

EP10: 嵐になるまで アセイラム姫が生きている限り、アルドノアドライブが 止まることはありません。呼吸、心拍停止状態のアセイラム姫に心臓マッサージと 人工呼吸を施す伊奈帆。水を拭いて電気ショックを与える。伊奈帆が頑張ってアセイラム姫が蘇生する。拳銃を奪うライエ、私は火星人よ。姫を暗殺しようとしたのは私の父、火星人のスパイだった。しかし火星人に無残に殺された。火星人なんて信用できない、でも...

ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ- 10「嵐になるまで -Before the War-」

ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ- 10「追憶装置 -Darknes

アルドノア・ゼロ 第10話 感想

アルドノア・ゼロ第10話感想。ザーツバルム伯爵は信念を持ったしっかりした人です。オルレインのこともあるけど、バースの民を救いたいって気持ちも本当なのでしょう。地球と仲良くしようとしてる姫様を狙うのはどうかと思うけど。

アルドノア・ゼロ 第10話「嵐になるまで -Before the War-」

「どうか この不幸に終止符を――」 地球連合本部へと到着したデューカリオン 平和を願う姫様の声明は届かず 揚陸城を降下させるザーツバルム卿! ライエに襲われアセイラム姫が倒れた事で動力を失い降下するデューカリオン アルドノアドライブを他人が止める事は出来ない つまり姫様に何かが起きたと言う事 シャワールームで倒れてるのを見つけ 状態を確かめ直ぐに蘇生措置を開始する伊...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。