仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

やはり勝ったことで壊れたか。

壊れたというか、タガが外れたというか。


兄弟対決、斬月対決を制した光実だったが、貴虎の幻影を見るようになり、幻影と会話をする残念な人になってしまった。どうみても精神に異常をきたしている人だが、後戻りできない一線を越えて、迷いの無い強さを手に入れている、らしい。にわかには納得し難いが、下手に策士っぽく振舞おうとせず思うままに異様な言動を繰り返すそのサマは確かに迷いが無いと言えるかもしれない。

幻影貴虎はやたらと挑発的だったり、光実の痛いところをついたり、光実に対して異様に手厳しい態度を繰り返す。何だかんだ言って弟に優しい、だからこそあの結末になった実際の貴虎とは大違いだ。もしかしたらこれは光実の良心の現れのようなものだったのかもしれない。だとすれば今回彼は今までに無く迷っていたとも言える気がするが。

いずれにせよ、精神力も戦闘能力も今までにない方向に変化を見せたのは確かなのであろう。そして、今までは貴虎が使ったときとは比較にならないほど碌でもない勝負が多かった光実の斬月・真が紘汰、戒斗相手に善戦を見せた変化、そこに理由をつけるのならこれは内面の変化ぐらいしかない。相変わらず道具ではなく人間の内面が重要な作品だ。


王妃復活のために十分な贄が集まったようだが、ロシュオは払った犠牲も大きかったと言っており、やはりフェムシンムは結構無駄遣いされていたようだ。今回また新手が出てきてるし。地球の人間を見定めるというロシュオのことをレデュエは「蛇に唆されたか」と評した。こんなところで回りくどい上に視聴者に理解できないような比喩を使う理由が思いつかないので、レデュエはロシュオそういうを考え方にした犯人に思い当たる節があってそれと蛇とになんらかの関係があると考えるべきであろう。つまり、こうだ、サガラが蛇。

あと、このロシュオを見て光実が、オーバーロードにもそんな考え方の奴がいるのか、などと異常なものを見るような上から目線のモノローグを見せていた。誰であろうと今この物語に出ている主要人物の中で光実よりも異常な思考の人はいないと思うのだが。


光実の異常さ、戒斗の認めた舞の強さ。そういったものを通して改めて紘汰の、他人のためということばかり考えて自分のことをあまり考えていない問題が浮かび上がる。結局そこに戻るのか。とはいえ、最初にこれが言われた頃はそれこそお遊びみたいな話だったわけですし、最終的にこれ大真面目な状況の中で扱われるのは必然か。


サブタイはプロフェッサーのことだけど、それはお話としてはわりとどうだって良い部分だった。より正確を期して言うと、どうだって良いのはプロフェッサー自身。これ程魅力の無いマッドサイエンティストというのも珍しい。この人はマッドサイエンティストを名乗るにはマッドの部分もサイエンティストの部分も足りない。変なところに常識があって、変なところが非常識だ。考え始めるとつっこみどころしか生じないから永久にフェードアウトしてれば良かったのに。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダー鎧武38話プロフェッサーの帰還感想

戦極が出てきたけどこれまでどこで何をしてたのかが気になる。 光実が貴虎の幻を見たか、順調に壊れてるね。 戦極がユグドラシルタワーに潜入できるってのは光実の嘘と同レベルの話だから周りが信頼できないのも無理ないか。 白いオーバーロードは人間の中に滅びを超えるのが1人でも生まれたら人間を雑に扱うのは辞めるのね。 紘汰的には食欲がないのは心配してるからか、誰も副作用を疑わない...

今日の仮面ライダー鎧武 第38話

「プロフェッサーの帰還」 貴虎とミッチの戦いを阻止すべく走った紘汰でしたが、破壊された斬月の戦極ドライバーを見つけ、間に合わなかったと分かり呆然とします。 レデュエは実の兄を手にかけた気持はどうだ、心は痛むかとミッチに問います。 ミッチは、兄を乗り越え呪縛から解かれたと強がるように言い放ちますが、同時に貴虎の幻影を見るようになり、貴虎の影だと言われた事が思い切り刻み込まれて...

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

第38話「プロフェッサーの帰還」 数々の妨害を排除してやっと埠頭へ駆けつけた紘汰。 しかしすべては終わっていた。 破壊されたゲネシスドライバーとロックシードを手にミッチを止められなかったことを後悔する。

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

仮面ライダー鎧武の第38話を見ました。 第38話 プロフェッサーの帰還 貴虎を倒し、レデュエの前で強気に出る光実だったが、その目の前に貴虎の幻影が現れる。 「お前は決して私からは逃れられない…」「またアンタか…」 「お前の人生は全て私から与えられたものだ。自分の力で勝ち取ったものなど何一つない」 「黙れ!説教はもうウンザリなんだよ!」 「一人では何もできない半端者...

仮面ライダー鎧武 第38話 感想

仮面ライダー鎧武第38話 「プロフェッサーの帰還」 ようやく貴虎と光実が戦っていた場所に到着した紘汰辿り着く前に2回も戦ってたし仕方ないよね?そこには破損した戦極ドライバーとメロンロックシードが・・・ 紘汰達の前に姿を現した戦極凌馬 ユグドラシルタワーへの自分専用の通路があるのでそこへ導いてあげるという提案もちろんこれは好意的な行動ではなく自分の目的の為に紘汰達...

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」の感想

光実、壁を乗り越える。

仮面ライダー鎧武 第38話

仮面ライダー鎧武 第38話 「プロフェッサーの帰還」。本当に帰ってきただけだった(苦笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

ハピネスチャージプリキュア! #11.

「プロフェッサーの帰還」 何でプロフェッサーは半パンなんだwww。 ひさしぶりの

仮面ライダー鎧武 第38話★決定的な壁を乗り越えた暗黒・光実(高杉真宙)

仮面ライダー鎧武 第38話 「プロフェッサーの帰還」 兄を排除した背広の光実。 レデュエ「いい目になったね…。どうだい?実の兄を手にかけた気持ちは。さすがの君でもフフフッ…心が痛むかい?」 ブラック光実「心が痛む?バカ言えよ!僕は兄さんを乗り越えた。ようやく解放されたんだ…呉島貴虎の呪縛から!」 兄・貴虎は、大きな存在だったんだものなぁ・・・。 究極の目の上のたん...

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

サッカー世界にワープしていた事は、あったような無かったようなコトとされたまま、ミッチと貴虎の対決が決したところから話は続く。 全然サッカーの余韻が無いのはそれはそれで寂しい…。 宇宙へ(?)逃亡したはずの戦極凌馬が現れ、オーバーロードに乗っ取られたユグドラシルに潜入する為に力を貸せと言ってくる。プロフェッサーだけが知る裏道を教える代わりに…。 くそ、涼しげに短パンなんぞ履きおって…...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア