アルドノア・ゼロ 第2話「地球の一番長い日」

地球上陸作戦。

まさに、最大の作戦。


○○の一番長い日、というフレーズは非常に有名で色んなところで使われるため、なんとなく知っている人も多いだろう。この源流となったのはおそらく『The Longest Day』という洋画で、その邦題を『史上最大の作戦』という。このフレーズもまた非常に有名で、詳細を知らずに言葉だけ知ってた人も多いのではないだろうか。そして、この最大の作戦こと一番長い日はノルマンディー上陸作戦が元ネタである。火星の帝国が地球に攻めてくる話に実際相応しいセンスですね。


というわけで、火星人、ヴァース帝国の攻撃が始まりました。その戦力差は圧倒的の一言で、瞬く間に地球各国の軍はやられました。単に火力などのスペックが違うだけでなく、攻撃がまるで通じない謎のバリアとか、物体を消し去るかのような攻撃とか、地球とは明らかに出る作品世界自体が違うように見えるものがあるのはきっと火星の古代文明のおかげだとでも言い出すのでしょう。ただ、それを言い出すと火星の古代文明が困ったときの言い訳、文字通りのデウス・エクス・マキナになりかねなくて少し不安でもある。古代文明に少しでもSF的背景がありますように。

まぁ、火星の凄みは思う存分感じられたから、そっち方面の描写としては別に良いんですけどね。一体一体が独立しており統率の必要が無い、地球の反撃など最初から考えていない、などの煽りも納得。ただ、何十人もいるのは明らかに多過ぎると思うんですよ。絶対何人か雑な扱いになる奴いるだろ。


火星のお姫様、アセイラムはどうやら生きていたようだ。曰く、体調を崩したのでそもそもパレードには出ていなかった。つまり、狙われたのは影武者か。そういうことなら仕方ないな。狙われた人は間違いなく死んだだろうし、アセイラムを生かして話を進めることも自然に出来るし、両者win-winの関係ですな。なお、生き延びた要因は全く別のことで、誤魔化すためにパレードに出ていなかったと言ってるパターンの場合は、その生き延び方によってやはり怒ります。

そもそも、あのテロまがいの騒動自体がよく分からない。実行犯は火星の内通者で、口封じのために消された。事件は地球侵略を始めたい者が考えた自作自演で、実行犯たちはそれに体よく利用された。それはとても良く分かるのだが、実行犯て結局何者だったんでしょう。事件のために地球に入り込んでいた火星人なのか、火星人に懐柔された地球人なのか。


そして、どうにも主人公が目立たない作品である。界塚伊奈帆はなんかこう落ち着きすぎというか、色々反応が地味だ。幾つか特筆すべきことがあったような気もするけれど、どれも地味というか淡々としている印象を与える。ある意味すごい。スレインなんて話に目立って絡まないし、どこにいるのかさえよく分からない。「かつての同胞が無様に死んでいくサマを高みから」というおっさんの台詞から考えれば、あのおっさんの近くにいたんだとは思うけど。

そういえば、虚淵玄の作品では出番の少なさなどから読者、視聴者の主人公に対する誤解が生じるケースがしばしばある。『PSYCHO-PASS』なんて主人公が誰か間違える人が多い。そういう点ではとても虚淵玄の作品らしい気もする。というか、今回の脚本、虚淵玄か。ストーリー原案などという曖昧なポジションかと思ったら第1,2話と続けて実際の脚本を書いている。むしろシリーズ構成は何をしているんだ。
スポンサーサイト

テーマ : ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルドノア・ゼロ 第2話「地球の一番長い日 ―Beyond the Horizon―」 キャプ付感想

降下したヴァース帝国の騎士に蹂躙される地球。 伊奈帆たちも避難をよぎなくされるが、その途中で金髪の少女たちと出会う。 暗殺されたのはアセイラム皇女ではなかったと言うその少女は…!? 圧倒的なヴァース帝国の戦力。 地球側の敗戦を描きつつ、主人公たちのドラマも描く上手いシナリオですね。 OPの姫さまとメイドちゃんも良いですね!w   

かわいらしい小娘さんだ/アルドノア・ゼロ2話他2014/7/12感想

<記事内アンカー> 残響のテロル 第1話「FALLING」 アルドノア・ゼロ 第2話「地球の一番長い日」  食後に薬を飲むことになったのですが、副作用の倦怠感が思ったより大きい。アニメ感想考えると、書き終わった後にクッキーでも食べて食後扱いにするとか飲み時は思案した方が良さそうだなあ。

ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ- 02「地球の一番長い日 —Beyond the Horizon—」

ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ- 02「地球の一番長い日 —Bey

アルドノア・ゼロ 第2話「地球の一番長い日 -Beyond the Horizon-」

「今度は僕らが あの火星カタフラクトと――」 圧倒的な力の差を見せつけるヴァース帝国軍 避難の途中で伊奈帆が見つけた女の子は…    今回からOPとEDがつきましたね! OPのラストで姫様が銃口を向けてる先が気になるところです… ヴァース帝国の騎士が揚陸城で次々と地球へ降下――! 15年前の戦いから作戦を練って直ぐに包囲網を布き迎撃に出る地球連合だけど… やはり相...

アルドノア・ゼロ/ALDNOAH.ZERO 第2話「地球の一番長い日 —Beyond the Horizon—」 感想

落下の衝撃で敵の戦力を排除しつつ拠点設営をするのが火星側の戦術。 それを読んでるから対応出来るぜ!と豪語してたおっさんだが…… ミサイルで海底ケーブルや通信衛星が破壊された上にジャミングをされて通信網が断絶。更に航空部隊も全滅。 陸戦でも隊長機を真っ先に撃破したり、やり方がガチだぜ。 ルックスはいまいちなのに火星騎士は強すぎる。それぞれの騎士で功績を争ってるらしいのが付け入る隙か...

アニメ感想 アルドノア・ゼロ 第2話「地球の一番長い日 ―Beyond the Horizon―」

圧倒的性能差による絶望

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア