メカクシティアクターズ 第12話「サマータイムレコード」

長い日の終わり。

思った以上に綺麗に終わった(気にさせられた)ので感動を抑えられない。


私がハッピーエンドに望む理想の体現のような終わり方であった。何かといえばすぐにご都合主義だの茶番だのとバカにする傾向がある私ですが、しかし断じてハッピーエンドが嫌いなわけではないのです。ただ、必然性や蓋然性の乏しい唐突な展開が気に食わないだけです。どう考えても敵が勝つとしか思えない状況から突然何の脈絡もなく主人公に都合の良いことが起こって敵を倒すとか、そんな感じの悪い流れをいきなり無かったことにする展開が嫌いなのです。そして、それが必然と思えればバッドエンドさえ心地良いと思える、それが私だ。

必然の最たるものはコノハですね。蛇がコノハを操るのは必然だった。並外れた、という言葉すら余り的確では無さそうな身体能力があるコノハはメカクシ団を取り押さえるのに非常に有用だった。万全を期すためにはああするのが一番良かった。しかし、コノハの存在が仇となり、ヒビヤやヒヨリを助けるという一念で動くコノハの行動で止めを刺される。このインガオホー、実に完璧な必然的流れだ。

アヤノの能力が“目をかける”だったり、本来なら命の代わりである能力を抜き出されて死ぬ筈だった者たちが生き延びたりというのも唐突のキライはあるが許せる範囲だ。特にアヤノの能力はシンタローの能力と絶妙なコラボレーションを見せる展開が非常に良かったです。

そもそも、蛇が最後までぶちのめしても全く気がとがめないような清々しいクズっぷりを惜しみなく振るったのも良いですね。直感的には好感の抱きようがないが、それはつまり一歩引いてみれば悪役、憎まれ役としては出来が非常に良いということであった。

まぁ、そんなわけで終わってみればハッピーエンドなるのも必然と思える布石が多かった。大いに満足であり、ハッピーエンド自体には文句の付けようがない。


世界が繰り返されていたのはマリーのせい。結局どういう原理なのか、どの程度の範囲が繰り返されているのはよく分からなかったけど、原因は分かったか。しかし、なんということだ。能力全ての元凶であるアザミを祖母に持ち、能力が集まる女王であり、そして世界が繰り返される原因。盛り過ぎだろ。この作品ってつまるところ、マリーの一族と蛇とが両輪になって動かしていて、周りがそれに巻き込まれただけのように思えるほど設定が偏ってるな。

それはさておき。現実の世界そのものも繰り返しになっていて、それはマリーが友達との出会いを望んだから、ねぇ。そして、最後は恐れることなく不確実な未来に踏み出していく、と。なんか、最後の最後で繰り返しネタとしては豪くありふれた話になったなぁ。第4話でヒビヤが嵌ったのは、直感的恐怖に訴えかけてくる現代ではわりと珍しい語り口の話だったと思ったんだが。また、蛇が悪役として頑張り過ぎたせいで、繰り返しを抜けることより打倒蛇のほうが強く印象付けられてしまった。このことも繰り返しから面白みを削いでいる。

勿論、繰り返されるのを良いことに蛇はやりたい放題やり、メカクシ団を皆殺しにしていたりするので、主人公側からすれば打倒蛇と繰り返しを抜けるのとは不可分である。ただ、そのことを正しく認めている筈の人がギリギリまで姿を現さなかったせいでイマイチそういう感動が薄い。そして、冷静に考えるとこれはやはり蛇とマリーとが両輪となって動かしていた話ということに。


そういうわけで、最大のギミックにはイマイチ感動出来なかったけど、それはさておき長い長い二日間が終わった。驚くべきことにこの番組は八月十四日に始まって、八月十五日のたぶん日付が十六日に変わるぐらいのタイミングで最後の決着が付いているのである。恐ろしく長い、たぶん一日半ぐらいのことだった。作品世界内でもこの辺の日付で何度も繰り返されていると思しく、本当に長い日だった。
スポンサーサイト

テーマ : メカクシティアクターズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メカクシティアクターズ act 12「サマータイムレコード カンス」 感想

シンタローを除き、集結したメカクシ団。 それぞれの能力を駆使しながら、「蛇」にとり憑かれたケンジロウの元へ急ぐ。 そして、「蛇」から語られる、この世界の仕組み。 また繰り返すのか、それとも… その「目」に映る結末は? 挿入歌: 「サマータイムレコード」 作詞・作曲・編曲:じん Once upon a time 銀魂でワンス・アポン・ア・タイム...

メカクシティアクターズ TokyoMX(6/28)#12終

act 12 サマータイムレコード 公式サイトからシンタローを除き、集結したメカクシ団。 それぞれの能力を駆使しながら、「蛇」にとり憑かれたケンジロウの元へ急ぐ。 そして、「蛇」から語られる、この世界の仕組み。 また繰り返すのか、それとも… その「目」に映る結末は? アザミはツキヒコとの間に子供のシオンを産んだ。我が子が愛おしい。 蛇を使って何かをしようとしていると楯山を探すメカクシ団。蛇は...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア