スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メカクシティアクターズ 第7話「コノハの世界事情」

エネの誕生。

コノハはあまり絡んでない話のような。


ごく当然のように前回からの続き。ある日、突如として遥が倒れた。高音はアヤノと問答があって、自分の感情を整理し、いざ遥かのところに向かおうとしたところで何かがあった。そして、気がつけば現在の状態即ちエネになっていたのだという。そんなことが墓前でメカクシ団に対して話されていた。なんと言うか、言いたいことが多過ぎる。

先ず、エネって本気で榎本貴音と同一だったのか。貴音の性格をモデルにした何かではなくて。正直、そうなるまでにあったはずの何かというのは一番気になるところなんですけど。謎めいた描写で引っ張るのは結構ですが、態々過去の話をしといて重大な欠落があるのはもやっとする。

そもそも、ここまで回想だったというのか。いや、私としてはこういう大胆な過去の語り方結構好きですよ。過去編と称して長々と過去の話をされるのは好物です。アヤノに反応したエネが、自分とアヤノとの接点を語るのも流れとしては自然だしな。ただ、語りだす描写が無く、内容も貴音の視点だったとはいえ過去の様々な因縁を明かしていくような話だったので回想と言われるといささか驚く。

尤も、その後の内容を見る限り前回から今回のここまでの内容を全て語って聞かせたわけではなさそうだ。ひょっとしたら、エネは今回の内容だけを話したのかもしれない。


コノハの世界事情と言いながら、コノハのことはあまり出てこなかった。エネが榎本貴音本人だったりするぐらいだからコノハも九ノ瀬遥本人なんだろうと思うんだが、既に死んでそうな表現もある。数少ない本人の描写はわけが分からないことばかりだし、色々と謎だな。


ED後の化け物の話が急展開過ぎる。いや、話としては急でもなんでもないが、以前は恋をしたというところ区切っといて今回は子供が生まれてそれらが死んで行ったって、どれだけ時間を飛ばしてるんだ。要点を掻い摘み過ぎだろ。
スポンサーサイト

テーマ : メカクシティアクターズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メカクシティアクターズ act 07「コノハの世界事情」 感想

倒れてしまった遥から、逃げるように学校に帰ってきた貴音。 そこで後輩のアヤノと出会い、自分の気持ちに素直になるべきだと忠告される。 「遥と一緒にいたい。」その気持ちに気付き、想いを伝えたいと思った彼女に、持病の発作が起こってしまい… シンタローにはわがままで自分勝手で引っ張る奴が必要。 貴音はダウナー気味だったのにエネははっちゃけてて不思議だったけどそういう理由があったのか。...

メカクシティアクターズ TokyoMX(5/24)#07

第7話 コノハの世界事情 公式サイトから倒れてしまった遥から、逃げるように学校に帰ってきた貴音。 そこで後輩のアヤノと出会い、自分の気持ちに素直になるべきだと忠告される。 「遥と一緒にいたい。」その気持ちに気付き、想いを伝えたいと思った彼女に、持病の発作が起こってしまい… 倒れて病室に担ぎ込まれた遥、駆けつけた貴音。遥は無事だった、会わせる顔が無いと教室に 遥のカバンを取りに帰る。そこで夏季...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。