スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔のリドル 第8話「嘘つきの門番はどちら?」

二点同時攻撃。

かなり楽しみな状況になってきた。


犬飼伊介、番場真夜が同時多発的に攻撃を始め、どちらも退場しなかった。そうそう、こういうので良いんだよ。確かに妙なルールがあり、ゲームめいているとはいえ、一話につき一人が出て退場していくを繰り返す一話完結というのはやり過ぎだった。こういう風に暗殺者同士で手を組んだり、足を引っ張り合ったりするような、人々の思惑が絡み合う話はもっと見たかったところだ。

その点でいえば、演劇の話は中々良かった。約一名、主人公たちに挑戦さえ出来ずに退場した奴がいたが、そういう事態こそこういう状況の醍醐味である。ただ、せめて特技だけは説明して欲しかったけどな。

いずれにせよ、登場人物が大分減った今になってようやく話が楽しみになってきた。最後まで動かないと考えられる英純恋子の望みとは何か。そもそも、理事長も昔やったことがあるという黒組とは何なのか。兎角についての話題で出た女王蜂候補、とは。そういう謎めいた煽りはもっと序盤からやって欲しかったところだ。そして、そんなことを言ってる黒幕気取りの連中へと、思い通りになると思うなと挑発する犬飼伊介に、こういうときだけ凄みを感じると思いました。


犬飼伊介は、兎角の欠点を見抜いて嘲笑うようすなど、基本的にはいちいち小物っぽさが漂っている。だが、気がつけばこのタイミングまで粘ったことで俄然興味が湧いてきた。もし、次回まで切り抜けられたら評価しても良いかもしれない。反面、番場の方は未だにいかにも絵に描いたような漫画的多重人格者というだけに終始している。結果的に晴を追い詰めたここでどれぐらいのことが出来るか。それで最終的印象が決まりそう。
スポンサーサイト

テーマ : 悪魔のリドル
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悪魔のリドル 第八問「嘘つきの門番はどちら?」 感想

ミョウジョウ学園には、嵐が近づいていた。ひと気がなく、ガランとした校内や寮の部屋をみて晴は寂しさを漏らしていた。そんな晴をみて、兎角は、無事に生きて黒組を卒業することが夢なのだろうと問う。そんな晴は、俯きながらも、逆に兎角の夢は何なのか聞き返す……。 脚本:吉村清子 / 絵コンテ:吉田泰三 / 演出:矢野孝典 / 作画監督:近藤瑠衣、山崎 愛、長山延好、藤原利恵 ホモ...

悪魔のリドル 第8話「嘘つきの門番はどちら?」 キャプ付感想

パパなのにママ?  犬飼ちゃんの暗殺の師匠にして母親は男でした(^^; 嵐の中、犬飼と真夜が暗殺に動く。 今回、退場してEDデビューするのはどっち?(笑)   ミョウジョウ学園には、嵐が近づいていた。 ひと気がなく、ガランとした校内や寮の部屋をみて晴は寂しさを漏らしていた。 そんな晴をみて、兎角は、無事に生きて黒組を卒業することが夢なのだろうと問う。 そんな晴は、俯き...

【アニメ】悪魔のリドル 感想 第8話「嘘つきの門番はどちら?」

前回の刺客も何とか撃退し、いよいよ刺客の人数は四人にまで減りました。 その中にはお気に入りのキャラも含まれていますが、今後の展開はどうなるんでしょうか? そんな今回は意外な方向に・・・。 ということで、第8話の感想になります! (注意事項) ・基本女性キャラにハアハアする感想になります。 ・原作?の知識も事前情報も何...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。