スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔のリドル 第6話「綺麗な花には□□がある」

『ロミオとジュリエット』風に去りぬ。

ここに来てやや変化球の展開。遥かに良いです。


今回は前回に引き続き学園祭の話。なんということでしょう。毎回話がリセットされている、とは言わないまでも一話完結性が非常に高かっただけに、話が繋がっていたことにかなりの意外性を感じます。しかし、前回の続きなら、寒河江の自爆でぶっ壊れたセットはどうしたのでしょうか。今回の途中で更に退場者が増えてさえいるのに、どうして作業が上手く進んだのでしょうか。却って疑問が増えた気がしないでもない。

さておき。実は凶悪毒殺犯エンゼルトランペットだった桐ヶ谷柩に、かつて知人を殺したエンゼルトランペットへの復讐のために黒組に来て、桐ヶ谷の正体を知らないまま友好を育んでいた生田目千足。主にこの二人の偶然と必然とが織り成すタペストリーめいた物語は見応えがあった。一発で終わらせるにはいささか惜しいぐらいだ。

一話につき一人の暗殺者が出てきて、晴を騙して殺そうとするも、兎角に阻まれ敗れる。この展開がいささかワンパターンになってきたところだったので、一度に二人も三人も一気に退場したパターン破りが心地良い。本来主役であるべき兎角と晴との影がやや薄くなったが些細なことだ。むしろもっと桐ケ谷たちに重点していた話でも別に良いぐらいだ。冷静に考えて、桐ヶ谷の毒物をことごとくかわし、生田目と見事な剣戟を繰り広げたのだから活躍としては十分である。

後の問題点といえば、桐ヶ谷にやられた剣持しえなが残念なことになった点ぐらいか。一般的作品ではあまり見かけないレベルの綺麗なかませ犬であった。あいつ、一体どういう芸風、どういう黒組に来る理由があったんでしょうね。


それにしても一度に三人退場、うち二人はおそらく物理的に死亡か。なんともサツバツとした結果ではあるが、状況に若干余裕が出来たのでここから一話一殺などということはせず、中身を濃くして欲しいものである。
スポンサーサイト

テーマ : 悪魔のリドル
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悪魔のリドル 第6話「綺麗な花には□□がある」 キャプ付感想

二人の絆が悲劇の結末に…。 舞台でなく、真剣にロミジュリでした(^^; 最期まで仲のいい二人の退場ですね。 ミョウジョウ学園の創立記念祭を翌日に控え、最終リハーサル中の黒組の面々。 兎角はティボルト役、晴はマキューシオ役で舞台に臨む。 練習終了後、台本を無 くしてしまった晴は、 兎角と一緒に探すことに。 見つけられなかったら、ランチ一週間分の罰金をかけられ、焦る晴。...

【アニメ】悪魔のリドル 感想 第6話「綺麗な花には□□がある」

第三の刺客もなんとか退けた晴ちゃん&兎角コンビ。 続々とお気に入りのキャラが退場してションボリですが、これも黒組の運命、仕方なし。 今回は更に・・・。 ということで、第6話の感想になります! (注意事項) ・基本女性キャラにハアハアする感想になります。 ・原作?の知識も事前情報も何も無いので、解説等はできません。 ...

悪魔のリドル 第六問「綺麗な花には□□がある」 感想

ミョウジョウ学園の創立記念祭を翌日に控え、最終リハーサル中の黒組の面々。兎角はティボルト役、晴はマキューシオ役で舞台に臨む。練習終了後、台本を無くしてしまった晴は、兎角と一緒に探すことに。見つけられなかったら、ランチ一週間分の罰金をかけられ、焦る晴。そんな中、一発の銃声が響きわたる。 脚本:藤咲あゆな / 絵コンテ:三沢 伸 / 演出:高林久弥 / 作画監督:大西秀明、容 洪 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。