スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー鎧武 第26話「バロンのゲネシス変身!」

紘汰、凶弾に倒れる。

まぁ、無事なのは予告で明らかなんですけどね。


光実にいよいよ決定的な破滅のムードが漂ってまいりました。いや、いい感じに壊れましたね、この人。ユグドラシルが隠す情報を広めようとする集会をインベスをばら撒いて妨げ、プロフェッサーと共謀した芝居で紘太を嵌めようとし、ついには紘太を不意打ちに。こうも好き勝手暴れておきながらそもそもの動機は、舞たちが笑っていられることを望んでいたから、というのがどうしようもない。笑えるのはこっちだ。

舞たちのことを思っているのならその行動を妨げるのは矛盾だし、ましてやそのことにインベスを使うなどもってのほかである。ユグドラシルの一員としてはプロフェッサーの“野望”を見過ごすどころか助長するようなマネは重大な背任だ。どういう面から見ても今の彼の行動は出鱈目で、その有様があまりに滑稽で面白く笑いを禁じえない。

一体、光実の人生はどうしてこうなってしまったのか。敵方と関係がある、敵味方の狭間を行くような経歴はとても仮面ライダーらしいし、限られた極小数のことを思って戦うというのもそれはそれでとてもヒロイックで、主役を晴れそうな設定なのに。ここまでやっておいて何がどうしてこうなった。あっちへフラフラ、こっちへフラフラあちらこちらへと巧妙に立ち回ろうとしたのが悪かった、と言うのは簡単だがだからそれがどうして現状に繋がったのかは考え出すとやっぱりよく分からない。


紘汰は紘汰はやっぱり馬鹿というか、間が抜けているというか笑える。だからどうして、退屈しのぎのおもちゃとしてイクサを求めている暴力集団に対して無策で会話をしようと思うのか。先ずは勝負をしなければ分かり合えない関係もあるのではないのか。これはまさに戒斗が言っている、紘汰と戒斗との関係が図らずも証明している。というかそれは説明台詞で言ってしまって良いのか。


戒斗については、よく考えると今回の展開は、実はそろそろプロフェッサーから切り捨てられる筈だったのに湊耀子の口添えで助かったのも、更にゲネシスを手に入れられたのも、それでオーバーロードと渡り合えるようになったのも本人の実力が殆ど関係無いのが逆にすごい。最後は少し関係あるかもしれないけど。とにかく驚くほどの偶然の連続である。体よく利用されているだけの可能性を考えつつ自分こそが利用してやる腹積もりでありながら、しかし今回の切り捨てに対しては全くの無策だった。本当にある意味感動する。

オーバーロードとの戦いに関してはご愁傷様としか言いようがない。紘汰があそこまでずれているとは、彼の性格を分かってたつもりの視聴者としても予想外である。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダー鎧武 第26話「バロンのゲネシス変身!」

第26話「バロンのゲネシス変身!」 話があると舞に呼び止められた紘汰。思いっきり動揺してます。紘汰嘘つくの下手過ぎです。 姉ちゃんがカレー作って待ってるからって、それで誤魔化せるわけねーよ。 「裕也のこと?」舞さん、とうとうそこに触れちゃいますか。 つか視聴者的には既に今更な話。まだその話引っ張ってたのかよって感じです。

今日の仮面ライダー鎧武 第26話

「バロンのゲネシス変身!」 紘汰は舞に話があると言われ、隠し事があるのではないか、裕也の事ではないかと問い詰められると、ついにヘルヘイムの果実を食べるとインベスになってしまう事、初瀬がそうであって、裕也も食べていた、そしてインベスになった裕也を自分が倒してしまったと話してしまいます。 インベスが裕也であると知らなかったとはいえ殺してしまった自分はみんなの側にいる資格はないと詫びる...

仮面ライダー鎧武 第26話 感想

仮面ライダー鎧武第26話 「バロンのゲネシス変身!」 紘汰が隠し事をしている事を見抜いていた舞追求すると挙動不審でしどろもどろ・・・そしてついに裕也やヘルヘイムの事などを舞に打ち明ける。でも、裕也を倒した時期だけは答えを濁していました。 本当の事を言ってしまうと自分を守る為に裕也インベスを倒したと舞が責任を感じてしまうかもしれないという配慮でしょう。 ショックを...

仮面ライダー鎧武 第26話「バロンのゲネシス変身!」

仮面ライダー鎧武の第26話を見ました。 第26話 バロンのゲネシス変身! 「絋汰、最近様子が変だよね。なんか隠し事してる。裕也のこと?話して、絋汰。私にも知る権利はあるはずだよ?」 よそよそしい態度を悟られ、舞隠し事をしていると詰め寄られた紘汰はインベスとなった裕也を排除してしまったことを隠しておくことができなくなり、真実を打ち明けてしまう。 「ヘルへイムの果実を食べ...

仮面ライダー鎧武 第26話

仮面ライダー鎧武 第26話 「バロンのゲネシス変身!」。銃での狙撃はこうやれというのが見られる一本。 続きは読みたい方だけどうぞ。

仮面ライダー鎧武 第26話「バロンのゲネシス変身!」

仮面ライダー鎧武 第26話「バロンのゲネシス変身!」

仮面ライダー鎧武 #25

「バロンのゲネシス変身!」 やっとこさと言うか。 遂に「ユウタの真実」を涙ながら

仮面ライダー鎧武 第26話★ノブレス・オブリージュ

仮面ライダー鎧武 第26話 「バロンのゲネシス変身!」 ヘルヘイムの果実を口にしてインベスと化してしまった裕也を、何も知らずに鎧武となって排除してしまったことを舞(志田友美)にカミングアウトした紘汰(佐野岳)。 「こんな俺に、みんなと一緒にいる資格なんてないんだ…」 舞「辛かったんだね紘汰・・。そんな大変なこと ひとりで背負ってたんだ。もう紘汰だけに背負わせたりしないから...

仮面ライダー鎧武 第26話「バロンのゲネシス変身!」

紘太は舞に、裕也がインベスとなって死んだことを告げる。 しかし舞を襲ったインベスだとは告げず、舞自身に自責の念を抱かせないようにとの配慮もする。 本当は包み隠さずに全部話してしまった方が紘太の目指すテーマ的には正しいのだけれど、紘太もまだそこまでには至れない…ということなのかな。逆に言えばまだ成長できるという意味でもありますが。 ユグドラシルの狙いを知った舞はビートライダーズにも事...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。