悪魔のリドル 第3話「赤いのに赤くないのは?」

植物園の決闘。

実はシリアルキラーだった武智乙哉がいち早く暗殺に挑んだけれど兎角の活躍もあって失敗しました。以上。シンプルな話ですが、というよりシンプルな話にしたかったためか、登場人物が敵も味方も揃いも揃って行動が杜撰なのが引っ掛かりました。いきなり晴から目を離したあげく、自身もアッサリ騙されて地下室に閉じ込められかける兎角に、意味も無くなぶり殺しにしようとして隙を晒す武智、とどいつもこいつも行動が妙に間抜けである。話の都合が滲み出ている。

尤も、晴が騙されやすい、というより人を簡単に信じ過ぎるのはそれなりに妥当なところだ。これだけは彼女の状況設定に照らして納得の行動といえる。まぁ、後二度も三度も同じようなネタが繰り返されたらさすがに学習しろ、成長しろという意識が先にたつだろうが。それから、最初の植物園見学が伏線になっているというのは中々良かった。うそという名前の鳥がヒントになるのは、狙い過ぎな気もするけれど、面白かったです。それをやるためだけに、先に述べたような間抜けな行動が相次いだようにも見えるが。
スポンサーサイト

テーマ : 悪魔のリドル
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悪魔のリドル 第三問「赤いのに赤くないのは?」 感想

あらすじ 「一ノ瀬晴には、誰も触らせない」そう誓った兎角。 兎角が晴の守護者となることが理事長に正式に了承される中、それぞれの思惑をもって動き出す暗殺者たち。 一夜明け、初めての課外授業は巨大な植物園。ひとり盛り上がる溝呂木を尻目に、しらける黒組生徒たち。すると、晴のタブレットにメッセージの着信が……。 脚本:横谷昌宏 / 絵コンテ:山本靖貴 / 演出:山本靖貴 / 作画監督...

悪魔のリドル 第3話「赤いのに赤くないのは?」

兎角が晴の守護者となり 最初の暗殺者として動く武智乙哉。 乙哉が気を引こうとしてると晴に注意する兎角だが… 晴は、生きて黒組全員で卒業したいと。 「一ノ瀬晴には、誰も触らせない」そう誓った兎角。 兎角が晴の守護者となることが理事長に正式に了承される中、それぞれの思惑をもって動き出す暗殺者たち。 一夜明け、初めての課外授業は巨大な植物園。 ひとり盛り上がる溝呂木を尻目...

【アニメ】悪魔のリドル 感想 第3話「赤いのに赤くないのは?」

よし!感想が放映に追いついた! ということで、ルールも明らかになり、いよいよ始まった黒組の暗殺ゲーム。 複雑な事情を抱えた標的晴ちゃんと、彼女の守護者となることを選択した兎角。 兎角の選択はどんな未来をもたらすのでしょうか? 彼女たちの戦いの幕開けとなる、第3話の感想になります! (注意事項) ・基本女性キャラにハア...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア